受験の辛い時期のストレス解消方法

18歳の大学生の方のストレス解消方法を紹介します。

自分は去年受験生であり自分の進路を決める為の大事な時期であった為しょっちゅうストレスを感じていました。その時期にもうストレスが溜まり過ぎてもう机に座るのも嫌になった時に行っていたストレス解消法を紹介します。

まず、ストレスが溜まるということは何かを我慢しているからだと思います。自分の場合は勉強の為にゲームや友達との遊び、趣味のラグビー等を我慢して勉強をしていたためにストレスが溜まっていたと思います。他にも対人関係のストレスだと我慢して好きではない人の相手をしなければならなかったりとストレスの溜まり方は人それぞれ原因もそれぞれだと思います。

このストレス解消法はこれらのストレスの原因と思われるものを徹底的に排除することからはじまります。まず、自分の場合は勉強することがストレスの原因だったので、教科書などの勉強道具を部屋の一か所に集め目に入らないように布団をかけるなどして全く勉強のことを考えないようにしました。

次に、自分が今まで我慢していたやりたかったことをします。自分の場合は受験期であったこともあり周りにも気を使うので、あまり友達を誘うことはしませんでした。なので、必然的に一人でできることをすることになるのですが、自分はよくゲームをしていました。

ゲームでストレスがかかるようなことはしたくなかったので主に自分の得意なサッカーゲームで難易度は一番低いレベルに設定しコンピュータをぼこぼこに倒すことによってストレスを解消していました。この時、ゴール等を決めた際に声を出したりして一人でも意識して盛り上がることをするとさらに爽快な気分になることができます。

これらの好きなことをすることでストレスを解消する人は結構いると思いますが、

自分はこの時に絶対守るルールを決めてからこれらのことを行っていました。それは、何かというと必ずやめる時を決めることです。

なぜかというとだらだら好きなことをやっていても次第に不安になっていき本当に今こんなことをしていて良いのだろうかという気持ちになります。そうなったら後味が悪いため必ず時間を決めて時間内でストレス解消します。自分の場合は一日を期間として一日はめを外して朝また新たな気持ちでスタートしようというルールでやっていました。これが自分のストレス解消法ですが、何かの役に立てば幸いです。


今回のゲームをするというのも、時間を決めてやるというのはとても良い方法だと思います。人間はとにかく楽なことをしたがる生き物ですが、それをダラダラとしてしまうと悪い方へ流れていってしまいますからね。