ストレスを3つに大別して、それぞれの気持ちを処理する

30歳の独身男性、販売業をしている方のストレス解消方法です。

上京してから7年目に入りましたが、相変わらずストレスを感じない日はないほど、街全体が慌ただしい気がしています。東京のような街で生活している皆さんは、それぞれのストレス発散法を持っていると思います。僕の場合も使い分けが出来るほど、ストレスのかかる状態によって発散法の引き出しが変わります。

何となく落ち着かないストレスや、自分の失敗によるストレス、またはちょっとした時に発生するストレスなどの3つに大別できると思います。何となく落ち着かない、原因のわからないストレスだと客観的に捉える事が出来るならば、敢えて何にも考えずに栄養を意識した食事や、ゆったりとしたヒーリングミュージック、そして質の高い睡眠を摂るように僕の場合は心掛けています。

それだけで理由の判らないストレスは拭い去ります。次に自分の失敗に拠るストレスですが、これは後悔と反省点がごちゃまぜになった状態のストレスだと思うので、自分を戒め、そして労わるように心掛けています。仕事の仲間と会話をしたり、職場の外の友達とお酒を飲んだり、愛する人と語り合ったりといった方法が、経験上一番効果的だと思います。また、自分のミスによるストレスですので、どうすれば防げたかと自問自答する時間も設けるようにしています。

そこで気を付けたい事が、ネガティブ思考に陥らないように偉人伝を読んだり、自分を高めてくれる本を読んだり、筋トレしたりしています。

同じミスを犯さなければ、自分によるストレスはなくなりますので、ここが一番ストレスを無くしたいところですね。最後のストレスはちょっとした出会いがしらに起こるストレスなどです。電車が遅れているため、仕事や待ち合わせ時間に間に合わない、歩いていたら急に自転車が横切ってビックリした、人の目を気にせず若者が大きい声で喋っている、などといった日々の生活においての度重なる小さなストレスです。

個人的にはこういった状態のストレスは気にしないようにしていますが、やはり咄嗟に起こるケースが多いのでどうしようもありませんね。なるべく気にしないように心掛けてています。後は、予測する事です。咄嗟に起こる事をある程度想定していれば、予想が当たったというような、ちょっとした快感も得られます。僕はここに挙げた3つのストレスを意識して、自分なりに上手く対処しています。


管理人からの一言:ストレスは種類によって対処方法が異なりますので、3つに分けるというのはとても参考になりました。また、3つに分けることによって、具体的に何がストレスになっているのかを自分自身で理解をすることができるので、対処もしやすくなりますね。私もぜひ参考にしたいと思いました。