近所の騒音トラブルから定着してしまった不眠症・・・

自分の問題ではないのに不眠症になるケースもありますので紹介をします。

近所の騒音から眠れなくなることも

33歳の女性は、不眠症には縁もなく、よく眠れるタイプの人でしたが転居したことでトラブルを抱えるようになりました。自分で音が気になるとかそういったことがなかったので特に防音にこだわったところに済む必要はなく、立地で選んだ場所だったのです。

そのため上階の住人が物音を立てる人だということも確認しないまま引っ越しをしてしまいました。引っ越しをした初日からドタドタと歩く音が聞こえてきましたがあまり気にしていませんでした。

ただ何となくウルサいなぁと感じただけだったのですが、その音がだんだん気になるようになってしまって寝るときにも苛つくようになりました。

ちょっと寝るときの邪魔になるなと感じたので、管理会社を通して上階の住人に注意してもらいましたが逆に音を立てるようになりました。我慢すること2年程度で彼女は眠れないことから転居をしました。幸い引っ越し先はとても静かなところでしたが、夜になっても眠れない状態になったのです。

このケースでの改善方法

自分の生活に問題がなくても、人がたてる騒音が気になる事はあると思います。一軒家に住んでいる訳ではないので避けられない問題かも知れませんが、眠れない状態が習慣化するほど我慢しない方が良いでしょう。音が気になっている段階で耳栓などの工夫もできましたし早めに転居を検討した方が良かったのかもしれませんね。

ただ、今のところ静かな部屋に転居できたということなので、気になる騒音など外的刺激がなくなりました。不眠症としても深刻な状態ではないので、睡眠薬を飲むところまではいっていないでしょう。

この場合は、寝る前に入眠儀式をしてリラックスした状態を作ることでかなり緩和されるのではないでしょうか?寝るときには騒音があってイライラするという“気持ちの習慣化”があると思いますので、それを断ち切る事が必要になると思います。瞑想などして気持ちの切り替えをするのがオススメです。

それでもなかなか不眠症が改善されないようでしたら、不眠症対策サプリメントを飲んでみると良いかもしれません。薬と違って副作用がないので、安心して飲むことができます。