義両親からの初孫プレッシャーでストレスがたまって不眠症に

外の人間関係だけでなく、身内との関わりがうまくいかないことでストレスがたまることがあります。

夫の両親と関係が良好でないのは、女性にとってかなり大きな負担になるので眠れなくなってしまうこともあるでしょう。

簡単に子供が出来るワケじゃないのに…

36才の女性は結婚をして6年目に入っています。
まだ、子供には恵まれていないのですが、夫婦としては無理をせずに授かるのを待っていました。

ところが、夫の両親から「初孫はまだなのか?」「35才を過ぎたら高齢出産じゃないの!大丈夫?」と毎日のように電話がかかってくるようになりました。

彼女は長女ですが兄がいますので実の両親は兄の子供がいる分満足しています。
ところが夫は長男でその上に兄弟はいないため義両親が孫を抱きたいと催促してくるのです。

義両親は70才を越えているせいか考え方も古く「子供も産めない嫁」とひどい言い方をすることもあり、夫がどんなに取りなしても彼女に対する攻撃が止まりません。

電話が怖いと思うほどストレスを感じるようになり、夜中も全く眠れなくなりました。

このケースでの改善方法

義両親からの電話攻撃に関しては、縁を切る訳にもいかないので止めるのは難しいかもしれません。

ただ、夫が味方に付いてくれていますので、話し合いの場を持つか、夫から話をしてもらうことで、この問題を解決して眠れるようになるのではないでしょうか?

妊活でNGなのはストレスや眠れないことがあります。

ストレスから自律神経が乱れると、連動するように女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
1ヶ月の女性のリズムが狂うことで妊娠しにくい体になると思って良いでしょう。

また、眠れないことで体のダメージ回復をできないとか、更にストレスがたまる原因になります。

この様に考えると義両親の電話攻撃は、彼女が妊娠しにくいようにしていることと言われても仕方がないのです。

この説明を夫から義両親にしてもらって様子を見てみましょう。

それでも解決できないときには、自分からはっきり宣言することも必要になると思います。「ストレスで妊娠できない」と言い切ってしまうと、今後の関係が難しくなるかもしれませんが、気持ちを伝えて迷惑な行為をやめてもらうようにしましょう。