パートで介護スタッフを始めたら過労と心労で眠れなくなった

仕事をするとある程度体は使うものですが、介護スタッフのように負担の多い仕事では疲れすぎて眠れないこともあります。
また、精神的な疲れも蓄積するので、ストレスも重なって眠れなくなります。

パート介護スタッフでもこんなに大変

40才の女性は、結婚していて夫と2人の子供で生活しています。

子供は13才と10才で落ち着いてきましたし、将来の親の介護も感変えて介護スタッフとして働くことにしました。
資格取得で勉強をしていたのですが、思っていたよりも肉体労働だと驚いた面もあったようです。

「パートだし…」と気楽に考えていたのですが、介護の仕事では正社員もパートも関係ないくらいの仕事量になっています。
ご年配の方も認知症などで話しても聞いてくれないなどのストレスがたまっていきました

もちろん夫は仕事をしていますので家庭のことも彼女がしなくてはいけません。

13才の子は女の子なので食事を作る手伝いはしてくれますが、1人でできる訳ではないので彼女の負担はあまり変わらないままです。

ゆっくりする時間は持てないため、夜、布団に入っても寝付けないようになってしまいました。

このケースでの改善方法

どんな仕事でも簡単とか楽なものはありませんが、介護スタッフもかなり大変な仕事だと思います。

彼女の場合、パートで始めてから何年も経っている訳ではないので、段々慣れてコツも掴めるようになるでしょう。

介護の仕事では慣れることも大切で、話を聞いてくれない高齢者の気持ちや理由を理解するのには時間がかかります。

仕事に慣れることで家事と仕事のバランスを考えた力配分もできるので、時間と共に緩和されていくと思います。

ただ、今の段階で寝付けないことがツラいのだと思いますので、少し改善方法を検討してみましょう。

体の疲れに関しては寝る時間以外のリラックスタイムが必要です。
15分だけでもお風呂に入って「1人で」くつろぐ時間を作って下さい。

「自分のためだけに使う誰にも邪魔されない時間」を持つのは難しいですが、お風呂だとこの時間を作りやすくなります。

ボーッとするのも良いですし、介護で疲れやすい足や腰をマッサージしても良いでしょう。