他人の思考回路をマネしてストレスを溜めないにはどうするか?

ストレスを感じやすい性格だと他の人を見て「気楽でいいな」と、うらやましく思うことはありませんか?しかし、人の性格は簡単に変わるものではありませんのでほとんどの方は、「こんな性格だけど仕方がない」とあきらめています。そんな時に活用できる思考方法をご紹介します。

性格は変わらないけど考え方は変わる

少し矛盾した表現ですが、性格を変えることが出来なくても考え方の調整が出来ます。人は誰でも考え方のクセと言うものを持っていて、知らず知らずに影響を受けているものなのです。

悲観的に考えてしまう人も、生まれつきの性格ではなく、大人になる過程で何らかの影響を受けてきているものですよね。「生まれつき悲観的で一生変わることがない」ということではありません。

何か悲しいことが起こったとしても、その出来事は見る角度によって別の感情や情報をもたらしてくれることがあります。例えば、「病気になってしまった、一生辛い思いが続くなんて」と泣いて暮らすか、「病気を1つもってしまった。でもこれで定期的な通院をするから他の病気は見つけやすくなった。一病息災か」と別の考え方をするかでは、これからの人生が変わります。ここでは性格を変えたのではなく、考え方を変えてみたというだけなんですね。

考え方を変えるきっかけがわからないなら

前向きに考える方法なんかわからない、不眠症に悩んでいた時の私もそう思っていました。試しにと思って、「とても楽天的な友人ならどんな考え方をするのだろうか」と考えたのは非常に良い効果がありました。

友人の思考回路をマネしてみることで、物事には他の考え方があると発見できたのです。この効果が1度でも体験できると、「じゃあ、もっと他の人ならどう考えるのか?」とさらに視点が増えていきます。

頭の中にいろいろなパターンの思考回路が出来ていきますので、何か1つは気楽になれる方法を見つけてくれる様になります。性格は全く変わらないままなのですが、考えるパターンを増やしたことでストレスに感じることは本当に少なくなりますよ。不眠症を解消する1つのきっかけにもなるのではないでしょうか?