α波の出る音楽でグッスリ眠れる?

リラックス音楽の中には、脳の波長に合わせて調整しやすくなるタイプもあります。

休日や休憩時間などに聞いてみると、気持ちが穏やかになるのでオススメです。

α波には何の効果があるのか

私たちの脳には「脳波」があり、この計測でリラックスしているのか緊張しているのかなど気持ちのコンディションがわかります。

α波は、リラックス・安静時・目を閉じているときなどに見られる周波です。

逆に緊張・運動・計算をしているときにはα波が少なくなる傾向があります。実際に眠ったあとにどうなるかというとα波は少なくなるそうです。

ストレスがたまったりイライラしてα波が少なくなっているときに、α波向け音楽を聴くことで脳の調整をしてリラックスすることができます。

病院に行かないと脳波を計ることはありませんが、ストレス管理にも「イライラしているということはα波が少ないかな?」と考える目安にしてコントロールに役立ててはいかがでしょうか?

α波の音楽を探す方法

医学的知識がなくてもα波を増やす方法があります。

α波の出るBGMを聴きながらくつろぐだけで十分です。
しかも音楽CDを購入したりダウンロードしなくても、インターネットに様々な音源があるので無料で試せます。

パソコンやスマホで視聴できますが、寝る前に聴くのならパソコンのモニターやスマホの画面に、ブルーライトカットのシートを貼っていた方が睡眠を妨げません。

ブルーライトはメラトニンの分泌を抑えてしまう効果があるといわれていますので、寝る前の2時間は避けた方が良いものなのです。

ゆったりとした音楽の中には自然音として水の流れる音や鳥の鳴き声が入っているものもあります。
仕事の休憩時間でもイヤホンがあればリラックスできるようになりますよ。

注意点としては効果がありすぎると集中力が落ちたり、眠たくなることもあるので、日中は時間を決めて聞いた方が良いと思います。

スリープ音楽としても紹介しているほどなので効果にも期待できます。