サウナでストレス解消しながら温熱効果の恩恵も受ける

サウナはダイエットやストレス発散に利用する方が多いですね。他にも効果が出るものがあり、不眠症の改善にもオススメされるようになりました。

サウナの効果は1つだけではない

サウナにはどんな効果があるのかを見ていきましょう。まず、遠赤外線サウナに入ると体が芯まで温まるので、夜になっても冷えを感じることなく眠りやすい状態になります。体が温まると血行促進されますし、サウナの後には運動をした後の様に心地よい疲れが出ます。これらの効果でも入眠しやすい状態が作れます。

サウナに入っているときは座っている以外にすることはありませんので、悩みを思い出して辛く感じるのでは?と不安に感じるようですが、そうではありません。思い出して考えていても、それほど重要なことではないと気楽になる効果があるのです。

それはサウナの中にこもっている蒸気がマイナスイオンを発生させていて、心理的なリラックス効果を出してくれるからなのです。サウナは、うつ病治療にも効果があるとしてオススメされているくらいですよ。

岩盤浴と同じくサウナにはダイエット効果がありますので、不眠症からメタボを感じ始めた方にも良い温浴となっています。

理想的なサウナの使い方

サウナの利用方法が正しいと効果も高くなります。サウナに入る前には、あまり満腹ではない方が良いので食後2時間程度が経過してからサウナに入りましょう。
消化の最中は胃に血液が集まっているので、せっかくのサウナの効果が薄れてしまう可能性があるからです。水を飲んでからサウナに入るのは基本ですね。

サウナに入ったら10分間程度は座っていて、その後に休憩時間を作ります。熱すぎて具合が悪くなる方もいますので、この点は一番注意してください。

サウナが終わった後にも水分補給をしましょう。冷水を浴びることで体温の調整機能が高くなり、冷えを気にしなくても良い体作りにオススメです。どうしてもサウナの後にはビールが飲みたいと言う方もいますが、不眠症の改善に利用するなら水を飲む方が効果が高くなります。

岩盤浴よりは安価に利用できますので、不眠症改善にもオススメの方法です。