飲酒の習慣で眠れなくなる?実は、寝酒は逆効果だった

不眠症の方の中にはお酒を嗜む習慣があったり、寝酒として飲む習慣を持っている方がいます。実際に、この寝酒で良質な睡眠が取れた経験はあるのでしょうか?

お酒を飲んだ結果、体に起こる変化

お酒を飲むと体が温まりますし、一時的な眠気を催します。これが寝酒のメリットだと考えられていますし、皆さんが体感しているお酒の効果なのではないでしょうか?
問題は、その後に出てくる現象ですね。

一時的に温まった体は、体温の調整のため汗腺を開いて余計な体温を逃がそうとします。結果的には汗腺から体温が失われていき、体はスッカリ冷えてしまいます。同じタイミングで、アルコールの利尿効果が働きますので、眠たいのに頻繁にトイレに行かなくてはいけなくなってしまうのです。

もし、お酒で眠気を催すことが出来ても、冷えとトイレで眠り続ける事は出来ません。利尿効果が強いと水分が失われてノドが渇くのも睡眠の邪魔になるでしょう。多少のメリットがあっても、大きなデメリットで打ち消されてしまいますね。

お酒で入眠しやすくなっても、アルコールの影響で浅い睡眠が朝までずっと続きます。本来、私たちの睡眠は、深い眠りと浅い眠りを繰り返すことで、脳も体もきちんと休息出来る仕組みになっているのです。

アルコールが単調な睡眠を作り出すと、睡眠時間が長くても、本当の意味で眠ったことにはなりません。不眠症の方が、いくら寝酒をしても根本的な改善が出来ないのは以上の理由があるからなのです。

実際に私も一時期お酒を飲んで寝ることをやっていました。寝付きは良くなるのですが、中途覚醒が多い、トイレに行きたくなる、眠りが浅くなるなど結局逆効果でした。今はお酒を飲むこと自体極力控ええており、質の良い睡眠が取れるようになっています。

最も怖いのは、アルコールに慣れて来ると効果が感じられなくなって、お酒の量が増えていきます。
これはアルコール中毒の予兆にもなり、その他の健康問題を抱える様になるでしょう。

医師から睡眠薬の投与を受けている方は、あらかじめ説明を受けていると思いますが、睡眠薬とアルコールを組み合わせると、朝に起きられないほど薬の効果が出ることもあります。
手軽に不眠症対策が出来そうに感じますが、意外なリスクも隠れていますので注意しましょう。