ぽかぽか効果が高い「酵素温浴」が持っている不眠症改善の効果

酵素温浴は一時期ブームになっていたので美容に関心のある方はご存じかもしれません。ダイエットと美容効果が高いとして知られていましたが、他にも不眠症改善に便利だと言うことが言われています。

酵素温浴とはどんなものなのか?

酵素温浴と言うのは、おがくずに酵素を混ぜて発酵させることで熱を出す仕組みになっているものです。木の枠の中に、おがくずと酵素が入っていて下の方は60~80度くらいの温度ですが、上の方は温度が下がるので体感としては普通にお風呂に入る温度(40度前後)しかありません。砂風呂の様に寝そべって顔以外の場所に乗せて30分くらい横たわっているだけです。

温浴に入る前は、酵素ドリンクを飲むので発汗が促されたり、血行促進も出来るようになっています。体の老廃物を出したり新陳代謝が促される点で、ダイエットや美容効果が有名になっていたのです。

不眠症に対しては、体を温める効果や基礎体力が上がることでストレスへの耐性も高まることが期待されています。30分くらいの入浴で2時間のジョギング程度の疲れを感じますので、帰宅してから心地よく眠れるのも特徴です。

酵素陰陽栗用の流れとは?

酵素温浴では専用の入浴衣に着替えます。肌におがくずと酵素が付くことで効果が高くなるので、男性ならショートパンツタイプ、女性ならセパレートの水着タイプを着用します。そのあと浴室に入って酵素のドリンクと少量のお水を飲んで待っています。

スタッフがおがくずを掘って体を横たえる場所を作っていますので、そのスペースにそっと寝そべってください。手は動かせませんがスタッフが顔の汗を拭いてくれますので声をかけるようにして下さい。喉が渇いたときにも水を飲めるようにしてくれます。

途中で上半身だけ起こすタイプの温浴方法もあって、事前に説明を受けますので覚えているようにして下さい。温度が高いと感じた時もスタッフに言うと、足だけを出すとか調整できるので、我慢をしないのが一番良い方法になります。終わったらシャワーでおがくずを流して、水分を取りながら休憩したら帰宅できます。

お店によってはまだ値段が高めなので、岩盤浴と同じく困ったときのスペシャルケアとして活用してみませんか?