酸素カプセルで体を労わりながらストレス発散

ご自宅ではできませんが酸素カプセルでのリフレッシュも、スペシャルケアにオススメです。自分へのご褒美としても利用出来て、体の不調を改善しやすくなります。

酸素カプセルって何?

私たちは普段の生活の中で20%程度の酸素濃度で過ごしていますが、理想的な酸素量は30%なんですね。日常的に少しだけ酸欠になっていると言っても良いでしょう。また、ストレスが溜まると呼吸が浅くなったりしますので、十分な酸素量にはなっていないのです。

何が問題になるかというと脳は慢性的な酸欠によって機能が十分にできていない状態になるので、眠りには大きく関わってきます。酸素カプセルと提供しているサロンでは、1.3気圧くらいで30%濃度の酸素を吸うカプセルに入ります。

この気圧は赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時に感じているものと同じレベルだということなので、その点での安心感も得られますね。体に十分な酸素が入ることで脳がリフレッシュ出来たり、血液が全身に酸素を運ぶ機能も高くなるので、肩こり・首こりで眠れない人にもオススメです。

酸素カプセルのメリットとデメリット

酸素カプセルでは十分な酸素を取り込むことから、脳をリフレッシュしてスッキリすることができます。血行促進効果もあるので、体の巡りが悪くて眠りにくいコンディションを緩和するのにオススメですね。慢性疲労で眠れないタイプでも、疲労回復効果が期待できます。

この様なメリットもたくさんある酸素カプセルにはデメリットもあるので、理解してから利用を検討して下さい。まず、気圧が強めにかかるため耳抜きが必要になる場合があります。

飛行機に乗ったときに気圧の変化で耳が圧迫される感じを受ける人がいますね。その変化に敏感なら酸素カプセルはオススメできません。ご自分でカプセルに入ったときに耳抜きできれば不快感なく利用出来ますが、「飛行機に乗るといつも我慢していてツライ」と言うタイプなら止めた方が良いと思います。

また、全ての酸素カプセルサロンで十分な機能の機器が使用されている訳ではないので、詳細を確認してから考えてみましょう。