睡眠薬をお酒で飲んでしまうのはこんなに危険、絶対に止めましょう

不眠症を治療するのに睡眠薬を使うことは、それほど怖い事ではありません。ただし、いくつかの注意点がありますのでルールを守って睡眠薬を服用してください。

注意点を把握しましょう

もっとも気を付けなくてはいけないのが、アルコール摂取に関しての問題なのですが、意外と落とし穴になっていますね。睡眠薬を飲む時間前後の飲酒、もしくは睡眠薬をお酒で飲むようなことがあると、効果が強くなりすぎて危険です。

アルコールの効果で睡眠薬の効果が強くなると、眠りが深くなったり、通常なら目が覚める時間に起きることが出来ない場合があります。さらに悪化した状態になると、思わぬ転倒をしたり、意識が混迷すると言った問題が出ます。睡眠薬とアルコールが相乗効果を起こして、記憶力に問題が出ることもあり、仕事をはじめとした日常生活に問題を起こすリスクもあります。

肝臓の負担にも注意が必要です

肝臓は解毒やアルコール分解の働きを持っていますので、投薬を受けているときの飲酒が負担になり、長期間続くと各種疾病の原因になりますね。アルコールと睡眠薬を併用すると、投薬を中止したいと思っても止めることが難しくなったり、不眠症が悪化する症状が出ることもあるので、計画的に治療することが難しいでしょう。

また、思わぬ鼓動を取ってしまう恐れもあります。不安を感じる気持ちが強くなるとか、普段はおとなしい人なのに攻撃的な性格になって行動することもあるので、一緒にお住まいのご家族とのトラブルが起こることもあるでしょう。

ここでは一例として起こる副作用をご紹介していますが、もっと重大な問題が起こる可能性もありますよ。

日中の耐えられない眠気があって車の運転をすると事故の可能性も高くなり、ご自分の問題だけではなくなってしまうのです。睡眠薬を検討する前に、アルコールに依存している方がいるなら、正直に医師に申告して治療方針を検討することをオススメします。

アルコールが原因で眠れない方もいますので、その治療で改善できる可能性もあるからです。