浅い睡眠で二度寝が辞められない時はどうすれば良い?

不眠症では全く眠れないだけでなく、眠りが浅くて苦労している人もいるのではないでしょうか?また朝方になって眠たくなる人もいますので、ついしてしまうのが二度寝です。仕事の上でも支障が出ますので改善方法を考えてみましょう。

実際に二度寝を予防する方法はあるの?

不眠症かどうかに関わらず、二度寝によるトラブルも多くなりました。ニュースになることもありますので、誰でも二度寝はしてしまうものですね。そこで、体に働きかける二度寝予防を考えてみましょう。

二度寝が気持ちいいのは、体も頭もはっきりと起きていないため、まどろんでいる時間に幸福感を感じるところです。普段、不眠症で悩んでいるなら、この感覚は余計に幸せを感じると思います。

外的刺激を感じることで眠気を覚ますことが出来ますので、布団をはぎ取ってしまうのが効果的です。気合を入れてガバっと起きてもいいですね。せめてもの抵抗として足でかけ布団をよけるくらいのことをすると、諦めて起きる気持ちになるでしょう。

他にも起きた瞬間に照明をつけるなど色々な方法があります。個人的に1番効果的だったのは、目覚ましを遠くに置く方法で強制的に歩くことが効果的でした。

また、アロマデフューザーでタイマー設定が出来るなら、グレープフルーツのアロマ精油を入れてセットしておくのも良いです。グレープフルーツの精油は、目を覚ますのに効果的で二度寝をしないサポートをしてくれるでしょう。

考え方を変えると二度寝が充実!?

二度寝の幸福感から逃げるのは、頑張っても難しいと思います。毎日でもしたいことですが、日常生活を考えると、そんなことはしていられませんよね。平日など仕事や学校に行くときは、「二度寝を無駄遣いしない!休みの日のご褒美にとっておくんだ」と考えることで、少しは諦めやすくなります。

二度寝は遅刻につながり、繰り返せば社会的な信用を失うことになってしまいます。仕事に支障が出ると最悪の場合、退職を余儀なくされることもあり、生活が成り立たなくなります。

このご時世で新たに仕事を探すことはストレスになり、不眠症が悪化する可能性もありますので、実は現状を維持することも大切なのです。精神論だけでは息が詰まりますので、サポートしてくれるグッズも使ってみましょう。