夜勤シフトでも不眠にならないアイテム3選の紹介

お仕事をしている方の中には、夜勤シフトのために不眠症になっているケースもあるのではないでしょうか?そこで、昼夜が逆転した生活でも不眠症の予防や改善が出来るアイテムをピックアップしました。

夜勤の人が眠れないのは?

まず、夜勤の方が帰宅して寝ようとすることには、周囲で日常活動が盛んになっているので、音や外の光が気になると思います。しかし、壁を防音にしたり窓ガラスで遮光することは難しいですし費用負担も大きいですね。

そこで便利なのがカーテンで遮音・遮光機能を持っているものです。あまり高い値段ではありませんし、使ってみると分かりますが、外の光には全く気が付かないほどの効果があります。

外から入る音も小さく感じるか気にならない程度になるので、昼間の睡眠を妨げなくなります。もし、カーテンまで購入するのは…と抵抗感があれば、アイマスクと耳栓で簡単に遮音・遮光が出来ます。アイマスクは100円ショップで購入できる様なもので構いませんが、耳栓は性能の良いものを選んで使ってください。

夜に仕事に行くときに使えるアイテム

最後に昼間に睡眠が取れたとしても、夜は朝日を浴びて爽快に起きることは出来ませんね。その場合は、ライトセラピーにも利用されるルクス数の高い照明を用意することで体内時計のリセットが出来ます。

ライトセラピー用の照明は手軽に購入出来ますし、他の用途としてうつ病などの緩和を目的としています。夜勤で不眠症に悩む人をサポートしてくれますので手軽に用意できるアイテムから試してみてはいかがでしょうか?ご紹介した様に夜勤でも不眠症を避ける方法があります。

もし、すでに不眠症になっていたとしても、便利に使えるアイテムや工夫を活用することで、昼夜に関係なく快適に眠ることが出来ます。時間や周りの環境は、ご自分の好きなように変更することが出来ませんので、防衛策を知っているだけでも、かなり快適な就寝環境を作ることが出来るのではないでしょうか?