1日5分間のリズム運動でぐっすり快眠生活を目指す!

不眠症の方は精神的なストレス以外に、体の疲れも溜まっているのではないでしょうか?そのため運動をすることで不眠症解消が出来るとしても、無理をしたくないのは良くわかりますが、ほんのわずかの時間ならできることがあると思います。

1

日5分程度で解消できる仕組み

日常生活で1日にたった5分間の運動を取り入れることで、不眠症を緩和できるのはどのような仕組みからなのでしょうか?まず、脳の機能に働きかけをするのが目的です。

リズム運動をすることで、タッピングの様にセロトニン分泌を促すことが出来ます。セロトニンは代謝されることでメラトニンに変化するので眠たくなる効果を高くします。また、筋トレなど激しい運動をしなくて良いので、体に負担をかけることなく夜に快眠が期待できるのもメリットです。

激しい運動は交感神経を活性化して寝る前に行うと、逆効果で眠れなくなりますので、時間帯を選ばずに活用できる軽度のリズム運動は非常に便利ですよ。ながら運動としても実践できて、時短で不眠症解消に挑戦することが出来ます。

リズム運動には何をしたら良いのか?

では、実際にするリズム運動はどのようなものなのかをご消化します。本当に簡単にできるものばかりで、デスクワークをしながらつま先を交互に上下させるとか、かかとを上下させる足踏みのようなもので十分です。仕事に集中している時は業務の妨げになる恐れがありますので、休憩時間を活用しましょう。

また、両手を楽にブラブラさせるのもリズム運動と考えることが出来ますので、5分間タイマーを使ってボーっとしながらするのもオススメです。歩くことが少ない方でも、その場で足踏みをすると同じような効果が得られますし、これもリズム運動の一環となります。

「運動」と聞くと時間や場所を選んで頑張らないといけないイメージがあります。そのため不眠症の改善に効果があると思っても避けてしまいます。このレベルの運動で済むなら、ちょっと試してみようかなと思えるのではないでしょうか?