ぐっすり眠るために入るお風呂の「温度」と「時間」を考えましょう

寝る前にお風呂でリラックスすることをオススメしていますが、そのお湯の温度や入っている時間も大切な基準になります。どの程度が理想的なのかをご紹介しましょう、

お風呂はぬるめでゆっくりが最適

お風呂の温度は40度程度で、出来れば30分間は浸かっている様にしてください。肌の表面からじっくりと温度が伝わって、体の芯まで温めるには時間がかかるものなのです。

熱ければ短時間で体の中まで温まるということではありませんし、30分入っていることで気持ちもリラックスできます。どうしても時間のない日は、無理に入浴せず手浴や足浴を利用してアロマオイルで効果を上げたほうが眠りやすくなります。

熱いお風呂はどうしてダメなの?

お風呂の温度が40度以上になると暑さが肌に伝わって、交感神経を刺激してしまいます。せっかく眠るためにお風呂に入ったのに、副交感神経が活発に働けなくなってしまうので、まさに逆効果だといって良いでしょう。

野菜を茹でているわけではありませんから、私たちの体を温めるための温度は40度程度がベストだと目安にしてください。肌には痛覚や触覚がありますので、ぬるいと感じる温度のお風呂に入らないと、余分な刺激から精神的にもリラックスが出来ません。

肌表面しか温まらないので、ベッドや布団に入るとすぐに体の冷えを感じるのです。特に冬は体が冷えやすい温度になるので、暑いお風呂に入っても、ぐっすりと眠るコンディションにはならないのです。