フォトセラピーでさわやかにストレスを忘れて快眠に

不眠症では気分が落ち込んでいるとか、気持ちが高ぶっていることも、目が冴えてしまう原因になります。写真を見ることで気分のリセットをする方法がありますのでご紹介します。

正式にはフラワーフォトセラピー

フォトセラピーと言うと女性がエステに行って、顔の施術を受けるものをイメージすると思いますが、これとは別の療法です。フラワーフォトセラピーでは、花の写真を見ることによって心を癒したり感情の開放をすることが出来ます。

ただ、これは見る人によって癒されるかどうかが分かれますので、医学療法の様に万能ではありません。ネット検索で花の画像を見て試しても良いので、好きな花があればその画像を眺めて、気持ちが楽になるという人なら効果があるでしょう。

就寝前にするのならパソコンやスマートフォンで見ると光が強すぎて逆効果です。出来ればプリントアウトするなどして写真を使うのがオススメの方法です。途中で根が覚めた時も枕元に置いておきパラパラと数枚の写真をめくってみると気持ちがほぐれますよ。

風景だけの写真集でもOK

正式な方法とは少し違いますが、風景画の写真集を使うのも良いですね。海が好きな人、木々が好きな人など好みが分かれていると思いますので、お好きな写真集を1冊手元に用意してみてはいかがでしょうか?

また、風景以外でも動物の好きな人が多いので、犬の写真集、猫の写真集を持っていると、眺めているだけでも気持ちが安らぐと思います。ご自宅ではペットを飼うことが出来ないため動物の癒しは縁がないと思うでしょうが、こういう触れ合い方もありますね。

わざわざ買っても効果がないと思う方は、インターネットで色々な画像を検索してみましょう。検索をするのは就寝前ではなく日中の空き時間にしておけば、その影響で夜に眠りにくくなることを防げます。気持ちを和ませる方法はいくつあっても損をすることはありませんので検討してみてはいかがでしょうか?