音楽の効果を取り入れるときOKとNGなのは?

寝る前のリラックスタイムや横になってから聞く音楽にはクラッシックが一番だと言われてきました。これは本当なのでしょうか?

クラシックが苦手な人もいる

人によってはクラッシックを好んでいて気持ちが安らぐこともありますし、一方でクラッシックは聴き慣れないので何だか知らないけれど眠たくなるという人もいます。その他にはクラッシックを聴いていると眠れない自分を意識してしまうから聞きたくないという意見もあり、これも個人差や好みで最適な入眠音楽とは断定できません。

いろいろ聞いてみて「この曲は好きだ」とか「なんとなく落ち着く」と感じるものを見つけるのが一番良いでしょう。

音楽選びの注意点

注意点としては、あまりテンポの速い曲は、どなたでも共通して興奮状態に入る傾向がありますので、試すとしても最後にしておくことをオススメします。普段からテンポの速い曲を聴いている方でも、実際に寝る時に聴くかな?と考えてみて、テンションが上がって眠れないと考えるなら他の曲を探してみてください。

歌詞の入っている曲だと言葉を追いかけて集中してしまうケースもありますので、この点ではクラッシックやインストルメンタルの曲が向いているのかもしれません。段々、眠れないという方は増えてきていますので、睡眠に適した音楽が収録されているCDもあるので試してみましょう。

購入して失敗するのは嫌だと思いますので、視聴するかダウンロード版を検討しても良いですね。脳科学に基づいた音楽もあって、初めは慣れていないからか違和感もありますが、徐々に効果が感じられるものも多いですね。

音楽を聴くことが中心ではなく、眠りを誘ったり眠りにつくまで雑音を気にしないためにあるのだと考えるのがベストでしょう。元々、音楽を聴く習慣のない方なら、耳栓で無音になっている方が何も気にせず眠れるでしょう。クラッシック音楽も相性によっては寝る時のリラックスにはオススメできません。
ご自分に最適なリラックス音楽を探してみましょう。

最近はyoutubeにもたくさんの睡眠に効果がある音楽がアップロードされていますので、まずは動画サイトで自分に合ったものを見つけてみて下さいね。