美味しいぐっすり快眠レシピ「牡蠣とチコリのサラダ」

簡単に出来る温かいサラダでも不眠症改善のサポートができます。

牡蠣とチコリのサラダの作り方

~材料~
牡蠣(生食用) 180g、チコリ 1つ、日本酒 100ml、醤油 大さじ1杯、オリーブオイル 小さじ2杯

~作り方~
牡蠣は良く洗って汚れを落としてから、水を切って保存用バックなどに日本酒30mlと一緒に入れます。冷蔵庫で10~30分程度置いておくと臭みを感じません。

フライパンを熱しオリーブオイルをしいたら、水気を切った牡蠣を入れて日本酒100mlも入れます。日本酒が沸騰したら醤油を入れてフライパンを揺するようにして混ぜます。日本酒と醤油の水分が飛ぶまで、牡蠣を崩さないようにゆっくりと焼いて下さい。

こんがりと色目がついてきて火が通ったのを確認してお皿によけておきます。フライパンには焦げのような膜が張りますが、これは牡蠣のエキスが入っていて美味しいのでヘラで剥がして別の皿に取っておきます。

チコリは洗って1枚ずつに分けたら水気を切ってお皿に並べましょう。並べたチコリの上に牡蠣が1つずつ乗るように盛りつけていきます。フライパンから剥がした牡蠣の膜は手で食べやすい大きさにちぎって牡蠣の上にトッピングします。

材料に含まれる成分の効果は?

牡蠣にはカルシウムがたくさん含まれています。そのためイライラを沈めやすくなって、ストレス疲れから不眠症になっている方にはオススメですね。また、グリコーゲンも豊富に含有していますので、眠れないままの疲れた身体に自供強壮効果を発揮してくれます。

化学的な成分を使っているドリンク剤にも一定の効果はありますが、身体に優しい効き目と考えるなら食品で摂取した方が良いです。チコリはアンディーブとも呼ばれているハーブの一種です。

お茶として飲まれることが多いので野菜として摂取することは少ないですが、手に入ったときには是非食べてみて下さい。レタスと同じで苦み成分のラクチュコピクリンが入っていて、精神的な興奮を感じている人にも効果がある鎮静成分です。ヨーロッパでは昔から、気分障害にも効果があると言われ使われてきました。眼精疲労の緩和効果も期待されています。