美味しいぐっすりレシピ「小松菜のアーモンド和え」

簡単に出来るメニューで食卓を彩りながら不眠症の改善に挑戦してみませんか?

作り方

~材料~
小松菜 1束、アーモンド 50g、めんつゆ(濃縮タイプ) 30ml

~作り方~
小松菜は、洗ってから束のままでサッと茹でます。軽く沸騰している程度のお湯に3分くらい入れるだけで十分でしょう。菜箸などで小松菜の束を上げたらまな板に置きます。熱いままで切ると火傷をするので少し冷ましてから5cm長にカットして下さい。

アーモンドはスライスしているものでもいいですし、粒の場合はビニール袋に入れて麺棒で叩きます。ボウルにアーモンドとめんつゆを入れて混ぜてから、切った小松菜をいれて混ぜるだけです。

味見をして足りなければめんつゆを足して調整して下さい。後は器に盛りつけて完成です。

材料に含まれる成分の効果

小松菜は栄養価が高いというよりは、含有している栄養素の種類が多い野菜です。カルシウムが豊富なのでイライラの沈静にもオススメですし、足のむくみが辛くて眠れない人にオススメのカリウムも入っています。

女性は鉄分不足やビタミンC不足でも、毎日のリズムが崩れやすいので小松菜を食べて補給に役立てることができます。バランスを整えてイラつきから眠れないのを予防できるでしょう。

眼精疲労から肩こり・首こりを起こして眠れないなら小松菜のβカロテンが効果的ですね。アーモンドには、小松菜のカルシウム吸収を促進するマグネシウムが入っています。「カルシウム2:マグネシウム1」のバランス調整にも良いでしょう。またアーモンドにはビタミンEが多いので、血行不良で冷えを感じたり高めの血圧で眠りにくい人には積極的に摂って欲しい栄養成分です。

アーモンドのビタミンEは小松菜のビタミンCやβカロテンとの相性も良く、体がさびない抗酸化作用を発揮します。ある程度食べ物での回復ができると、睡眠中の成長ホルモンが少ないときも体のダメージを楽にしてくれるのではないでしょうか。ただ、アーモンドのカロリーが高めなので大量に食べないほうが良いと思います。