快眠レシピ。冬至だけじゃない!かぼちゃとあずきにはきな粉をトッピング

気持ちもほっこりするスイーツ感覚で食べられる料理なら、ストレスを発散するのにオススメできます。

カボチャとあずきにきな粉をトッピング!の作り方

~材料~
かぼちゃ(冷凍)100g、ゆであずき(缶詰)50g、きなこ お好みで

~作り方~
作り方はとても簡単で、まず冷凍のカボチャを耐熱皿に入れてレンジ500wで3分加熱します。

一度取り出してから、ゆで小豆をかけます。温かく食べたいなら、ラップをかけてレンジ500wで更に3分加熱しましょう。冷たい方が良いならレンジに入れなくて構いません。

最後にお好みの量できな粉をトッピングすると完成です。かぼちゃとあずきの組み合わせは冬至だけだと思われてきましたが、健康的なスイーツとしても活用できます。

材料に含まれる成分の効果

不眠症のようにストレスを抱えている生活をしていると免疫力が低下しやすくなります。そのデメリットを緩和するのにカボチャのβ-カロテンが役立ちます。また体を温める作用がある根菜ですので、冷え性で眠れない人にもオススメですね。

不眠症の他に貧血気味の女性にも鉄分を補ってくれます。食物繊維も豊富でおやつ代わりになる事から、余計な脂肪分を含んだものを食べなくても良いでしょう。そうすると血液がさらさらの状態になって体の巡り改善にも最適です。この効果でも冷え性緩和、体を温めて眠りやすくなるのではないでしょうか?

あずきにはビタミンB1が豊富に含まれています。筋肉の疲労物質を溜めない効果も期待できることから、首こりや肩こりで眠れない人に良いでしょう。利尿効果も高いのでむくみなどで足が張って眠れないなら、あずきの外皮も含めて食べましょう。

きな粉はご存じの通り大豆製品ですから、大豆イソフラボンやトリプトファン、カルシウムを摂ることができます。不眠症の緩和のためセロトニンを増やしたりイライラ感を抑えるのに向いています。
あずきにもきな粉にもサポニンが含まれているので、不眠症で体力が落ち風邪を引きやすい人でもナチュラルキラー細胞を活性化させることが期待できます。