寝室の掃除で眠れない雰囲気をリセットしてグッスリ眠れるようにしましょう

不眠症で悩んでいるときに気が付いたのですが、寝室には眠れない雰囲気が潜んでいると思いませんか?そのままでは寝室環境を整えたことにならず、不眠症解消にならないのかも知れません。

寝室の掃除をすることは環境整備でも一番大事

寝室には必ず布団がありますので、知らず知らずの内にホコリが立っています。寝返りをしたり布団を敷き直すことでもホコリを溜めてしまいます。そこはダニやカビの温床になる可能性があるので小まめな掃除をした方が良いです。

また、肌に触れる布団は、汗などの湿気を吸っているので寝室の換気も充分にしないと湿った状態になってしまいます。布団を天日に干すとか、布団乾燥機の使用、季節変わりには布団のクリーニングもしながら心地よい眠りの準備をしましょう。

寝室の掃除をするなら、そのタイミングで布団を干し、カバー類を洗濯してスッキリさせると効率の良い寝室掃除が出来ます。最近は畳のある住宅が少なくなっていますが、もし畳の部屋なら専用のクリーナーを使って拭き掃除をするのもオススメです。フローリングでも床の目地はダニが溜まりやすいので、掃除機の他にフローリング用のシートも使って拭き掃除しましょう。

掃除の頻度はどのくらい?

お仕事で忙しい方も多いですから、毎週寝室の掃除をする必要はありません。1ヶ月に1回程度のスパンで掃除をしていると、いつもキレイな寝室を利用出来るのではないでしょうか?

休日でも寝室の掃除一式をすると心地よい疲れが出ますので、お風呂の後に眠りやすい状態が作りやすいです。自分の睡眠に対して、に手間をかけていると言う満足感からも、気持ちが満たされて眠りやすいという人もいます。

平日に疲れすぎて出来ないと思ったときは、シーツや枕カバーを交換して洗濯しておくだけでも気分のリセットが出来ます。寝室に眠れない雰囲気がこもってきたら、少し換気をするのも良いですし、眠るためのおまじないだと思って実践してみて下さい。