不眠症対策のコツ。寝室の温度や湿度、明るさの調整でも眠りやすさが違う

寝室の快適さは、温度・湿度・明るさで、かなり違います。この改善をすると、不眠症の方も眠りやすくなるのでご紹介しましょう。

基本条件ですが、寝室の温度は夏で25~26度、冬で14~20度を目安にします。湿度では50~60%になる様に調整しましょう。
最も眠りやすいのは布団の中の温度が32度くらいになる事なのです。その条件を叶えるには、季節によって温度を変えながら整えていくのが一番良いですね。

夏に室温調整することですが、エアコンで部屋を一晩中冷やすのはオススメできません。タイマー設定をして1時間で切れるようにしているだけで構いませんよ。入眠時点でコンディションが整っていれば問題ありませんから、寝ようと思う時間の1時間前からスイッチを入れて、その1時間後に切れるように設定しましょう。そのままにしていると朝方に体が冷えすぎます。

冬の温度調整も同じく、寝る1時間前から暖めて、布団に入った1時間後にタイマーで切れるようにして下さい。使う暖房器具によっては湿度が下がりますので、加湿器を併用しながらコンディションを見ましょう。暖房をつけたままでは安全面での問題もありますし、部屋が暑くなりすぎて起きてしまうことがあります。

明るさの調整は最も大切なポイントです。寝る直前までテレビやDVDを見ていたり、パソコンやスマホを使っていると眠れないのは当然です。そのレベルの明るさが目に入っていると、眠気を促すメラトニンが分泌されにくくなります。

そこで、寝る前の2時間は部屋の照明を暗くして、ゆったりとリラックスする時間を作りましょう。LED電球を使っている場合は、調光機能がついていますので、時間帯に合わせた明るさや色を選ぶことが出来ます。2段構えで持っている必要がないので、費用の負担も少ないです。

目安ですが、200ルクスまでは入眠に影響が出ないと考えましょう。一般的に使われる蛍光灯では500ルクス程度ですが、寝る準備の時間には明るすぎます。

眠りやすい状態を作っていると、不眠症でもいつもとは違う感覚で眠れるようになるでしょう。