世界でもっともリラックスできる音楽「無重力」の実力とは?

眠りたいときの音楽について少し深く調べてみました。科学的に考えるとヒーリング音楽の不眠症向けは何でも良いと言う事ではないようですね。

音楽と科学の力を合わせた曲

日本では無重力、英語ではWeightlessと呼ばれている曲があり、世界で最もリラックスできる曲だと言われています。これはマルコーニ・ユニオンとイギリスの音楽療法アカデミーが協力して化学的見地から作った曲です。

人間がリラックスするには、自分の心拍数とか脳波とシンクロする曲が良く、60bpmのゆったりとした感じがベストだという発想から作られているんですね。このbpmと言うのは音楽のリズムでもあり心拍数の単位でもあります。1分間の脈拍数もbpmで表すことができるんですね。

ただ、この曲調にシンクロしようとすると5分くらいかかるようなんです。そのため5分以下の音楽では十分に効果が感じられないそうです。無重力は8分程度の曲で聞いてみるとわかりますが、曲が終わったときにフッと脱力を感じるくらい解放された気分になります。個人的な体感なので聴く人により感想は違うかも知れませんね。

無重力を上手に活用するには?

私が気をつけているのは、この曲を仕事の時と車を運転するときには聴かないことです。かなりリラックスするので集中しなくてはいけない作業の妨げになる事もありますよ。

ただ、休憩時間や寝る前、ストレスが溜まりすぎた朝に時間の余裕があれば、無重力を聴いて気持ちのスイッチングをするのに活用できます。インターネットで検索すると無料で視聴できます。しばらく聴いている内に相性が良いかどうかの判断ができます。

そのままネット経由の視聴をしても構いませんが、寝る前の音楽にしたいならダウンロードなどして他のポータブルメディアで聴けるようにして下さい。パソコンのブルーライトはメラトニンの抑制をするので眠りにくい状態が起こると思います。好きな音楽でリラックスする時間を持つのも大切なことですが、不眠症を改善したいと考えるなら効果的な音楽を選ぶことも考えてみましょう