瞑想の活用でより良く眠るタイミングを掴む

入眠儀式でもご紹介した瞑想ですが、その方法や効果を確認していきましょう。使い方や活用できる場所がわかると、ストレスから来る不眠がかなり緩和されます。

瞑想の方法として、床にあぐらをかいたら両膝に手をのせ、リラックスした状態で深呼吸しましょうと言う話でしたね。そして、次々と思い浮かぶことを、「後で考えれば良いもの」として瞑想中には考えない方法をご紹介しています。

眠る前に1日のストレスを手放すことが出来るので、横になってからあれこれ思い出さないためにも必要です。呼吸も整ってリラックスした状態で入眠できる状態なるのがメリットです。

瞑想の効果

他にも瞑想の効果があって、不眠症対策にはオススメです。日中もご自分1人で仕事をしているのではありません。そうすると、集中したいときに雑音が入ってくることでもイライラしてしまいませんか?

瞑想を習慣づけることで、聞こえる音や環境要因など、ご自分にとって必要のないものをシャットアウト出来る様になります。「私には関係のないもの」と切り離した考えが身につきますので、ストレス要因に過剰反応することもなくなります。必要かどうかの判断をしてから切り離すので、日常生活や仕事にも支障が出ることはありません。

この様にしてストレスの予防法にもなるので、瞑想は不眠症改善に役立ちます。日中に余計な問題に関わりを持たないことで精神的に健やかな状態が保てて、帰宅してからも煩わしいストレスに悩まされることなく眠ることが出来ます。慣れるまでは瞑想でのシャットアウトが難しいですが、あまり長い期間もかからずに使いこなせるテクニックです。日常生活に取り入れるときは、入眠儀式として使い慣れてからが導入時期だと考えましょう。急に職場で始めると、大事な話まで聞こえないなど問題が出やすく、会社での居心地が悪くなります。コミュニケーションを損ねることなくストレスを予防する方法として実践してみてはいかがでしょうか?