不眠症の原因は5つあります。実はこんなにも多くの人が悩んでいる

※画像は全日本民医連より

全国の調査によるなんと国民の約20%が不眠で悩んでいるというデータがあります。実に5人に1人の割合です。

不眠症を診断する基準

不眠症を診断するときの基準(睡眠障害国際分類第2版)

A 睡眠の質や維持について訴えがある。
B 訴えは適切な睡眠環境下において生じている。
C 以下の日中の機能障害が一つでもある場合。

 (1)倦怠感あるいは不定愁訴(検査をしても異常がないが、体調不良がある)
 (2)集中力、注意、記憶力に問題がある
 (3)社会的機能の障害
 (4)気分がよくない。あるいは焦った感じがする。
 (5)日中の眠気がある
 (6)やる気が起きない
 (7)仕事中、運転中のミスや事故の危険を感じる
 (8)睡眠不足のため緊張、頭痛、胃腸に症状がある
 (9)睡眠に関する不安がある

不眠の原因―5つのP

●身体的疾患に伴うもの(Physical)
中枢神経疾患、循環器疾患、呼吸器疾患など

●生理学的不眠(Physiologic)
時差ボケ、交代勤務、短期間の入院など

●心理学的不眠(Psychologic)
精神的ストレス、喪失体験、恐怖体験など

●精神疾患に伴うもの(Psychiatric)
うつ病、統合失調症など

●薬理学的不眠(Pharmacologic)
アルコール、向精神薬、降圧薬、インターフェロンなど

引用元:全日本民医連より

それぞれを簡単に説明してみますね。

「身体的疾患に伴うもの」簡単に説明すると、「病気から来る体調不良による不眠」

・ 生理学的不眠 夜勤仕事などによる生活リズムが不規則(環境)なことによる不眠

心理学的不眠 (ストレスや恐怖体験などによるメンタルが原因の不眠)

・精神疾患に伴うもの

・薬理学的不眠