ハルシオンの副作用 お酒を飲んで酩酊 30代男性の体験談

睡眠薬の副作用の体験談の紹介です。今回は30歳男性Mさんの体験です。


私の友達Mは高校生の時からの同級生で33歳になった現在でも仲がいいのですが、この友達Mから悩みがあると打ち明けられたことがあったんです。それは30歳の時から不眠症に悩まされているとのことでした。私はその友達Mに病院へ行くことを進め、近くの総合病院へ行って見てもらったようなのです。

するとやはり睡眠障害になっているとのことで、睡眠薬を処方してもらったと言っていました。そして、それを機に友達Mもよく眠れるようになったと喜んでいたのです。

ハルシオンの副作用でフラフラしていた

しかし、私が友達Mと遊びに行った時に彼がフラフラしていたのでビックリしたことがありました。私はまた友達Mが眠れていないからフラフラしているんだと思って聞いてみると眠れていると答えました。

ではなぜかと聞くと、良く効く薬だから副作用が強いんだと答えたのです。私はどんな睡眠薬を使っているのか気になって聞いてみると「ハルシオン」という睡眠薬を使っていると教えてくれたのです。

友達Mがどんな睡眠薬を使っているのかもっと知りたくて、「ハルシオン」について調べました。すると、ハルシオンは酒と一緒に飲んだりすると酩酊したり、ハルシオン服用後いつまでも眠らずにいると、記憶がなくなっている場合があることがわかりました。

友達Mは酒が大好きなので、あの時にハルシオンを飲んで酒も飲んだのだろうとわかったのです。

それからは友達Mに睡眠障害が治るまで、お互いに飲まないと誓ったのです。それからは友達も副作用に悩まされなくなったといって、睡眠障害も徐々に回復。今では薬に頼らなくても大丈夫なほどになったのです。やはり用法を守らなければ睡眠薬は危険だと思いました。


管理人からの一言。お酒が好きな人にとっては、睡眠薬とお酒の相性は最悪なので、とても難しい問題ですね・・・

簡単に説明するとアルコールを摂取することにより、必要以上に睡眠薬の成分を吸収してしまい効果が強まるか、吸収できなくなり効果が弱まるケースがあるからです。

私はお酒が苦手なのでほとんど飲まないのですが、どうしても時々飲まざるを得ないケースがあり、その時は睡眠薬を飲むことを止めています。その時だけは、眠れなくてもよしとしっかり決めているからです。

特にお酒が好きな方には、睡眠薬よりもサプリが絶対にオススメです。サプリであれば強い成分は入っていませんし、普通の食品と同じなので副作用もほとんどありませんからね。私も8年ほど睡眠薬を飲んでいましたが、今は、サプリでも十分に眠ることができています。