アモバンの副作用。口の中が苦い、依存性。30代男性の体験談

睡眠薬の副作用の体験談の紹介です。今回は36歳男性Yさんの体験です。


すこし前に精神が不安定となって病院に行ったときに、医者からいくつかの精神の薬とともに睡眠薬を処方されました。

この睡眠薬はアモバン、一般的にはゾピクロンと呼ばれているもので、苦いのが特徴の睡眠薬でした。投薬の制限が無いので長い間使用することができるそうです。 精神の調子も悪かったのですが、眠れないということも悩みだったのでちょうどよかったと思って睡眠薬を眠れない時に試してみました。

すると、睡眠薬を飲んで15分~30分くらい経つと驚くほどあっという間に眠ることが出来たのです。

この睡眠薬の副作用は、目が覚めてから感じました。すっきりと確実に眠ることが出来るのですが、朝起きると口の中がとにかく苦いんです!

この苦さはかなり長い間続くので、おかげで朝食を食べてもおいしくないので時間をおいてから食べていました。

もうひとつの副作用と言えば、あまり感じにくいものかもしれませんが、長い間続けて飲んでいると、飲まなくなったときにこの睡眠薬がないと眠れなくなることがあることです。なので続けて飲まないようにして、仕事などでどうしても飲まないといけないようなときに飲んでいました。

これは依存症のようなものだと思いますが、この睡眠薬にはほかにも口の渇きやふらつき、めまいなどの副作用が起きるとも言われています。しかし、自分が使用したときはちょっとのどが渇くことがあったりしましたが、めまいやふらつきは感じませんでした。


私もマイスリーが禁止になって以降アモバンをよく飲んでいます。

みなさん口々に口の中が苦くなると仰るのですが、私はあまり感じません。時々、タバコを吸うので口が苦いことに慣れてしまっているのかもしれません・・・

Yさんの判断が良かったのは続けて毎日飲まないで、どうしても寝る必要がある時に飲んだことですね。

依存症というか飲んで寝ることに慣れてしまうと飲まない時は必ずといっていいほど眠れませんからね。