ハルシオンの副作用 記憶が飛ぶ、依存に注意が必要 25歳男性の体験談

睡眠薬の副作用の体験談の紹介です。今回は25歳女性Sさんの体験です。


私は職場でのストレスから、夜になってもいろいろ考えて眠れなくなってしまい、一時期睡眠薬を使用していたことがあります。病院にいって、医師から直接処方されたハルシオンという薬を飲んでいました。

私の同僚のSさんも同じ病院でハルシオンを処方されている患者の一人でした。病院の待合室でばったり会ったときから話すようになり、仕事上の愚痴を言い合ったり、睡眠に対する悩みや改善法を打ち明けあったりする仲になりました。

私もSさんも男で、学年は違いますが共に二十四と若かったですから、眠れないことに辛さを感じつつもそんなに深刻には考えてはいませんでした。酒は普通に飲める私とは違いSさんはアルコールの類が一切駄目だったので、酒を頼って眠るように、私よりも頻繁にハルシオンを使用していたようです。

睡眠薬の量が増えていくと共に、Sさんは段々ぼんやりとすることが増えてきたように思います。仕事中に注意されたり、話し掛けても上の空ということがたびたび起こるようになって、私は夜眠れていないのだろうかと感じていました。

仕事帰りに一緒にご飯を食べに行く、ということも減っていたのですが、ある日久しぶりに誘われて居酒屋に行くことになりました。そのわりにSさんの顔は深刻だったので、店に着くなり私は事情を聞いてみました。

Sさんはハルシオンを最近飲んでいないのだといいました。時々記憶が飛ぶようになって、それで怖くなって止めたのだそうです。そうしたら全く眠れなくなってしまって、苦労しているのだということでした。

Sさんは私に、睡眠剤はあまり飲まないほうがいいといって、睡眠サプリメントというものを紹介してくれました。今はそういった効果の優しいもので体を慣らして、自然に眠れるようにしていこうとしている最中なのだといいました。

ネットで調べて見ると、ハルシオンでSさんと同じような副作用を感じているという人がたくさんいるのだとわかり、私も依存してしまう前にと睡眠薬の使用をやめたのでした。


マイスリーに続いて副作用の体験談が多いのがハルシオンです。

私のイメージでは強い睡眠薬のイメージですが、お医者さんではよく処方するのでしょうか?

Sさんの判断が良かったのは、記憶が飛んですぐにハルシオンを止めたところですね。確かにその後眠れなかった時期は辛いと思いますが、サプリで副作用がなく眠れるようになっていったようで良かったです。

私も現在色々なサプリを試していますので、効果があったものはサイトの中で紹介していきたいと思います。