ドリエルの副作用について。頭痛がする。30代男性の体験談

睡眠薬の副作用の体験談の紹介です。今回は36歳男性Iさんの体験です。


私は現在36歳、普通のサラリーマンとして働いている男性Iです。

麻雀が大好きで大学生の頃から徹マンは当たり前、眠気があっても構わず麻雀をしていました。そのツケがたたったのか、30歳を過ぎた頃から家に帰って眠れなくなってきたんです。すると、次の日にまで疲れが残ってしまったり眠気が続いて仕事でポカミスを連発したり居眠りをしてしまって上司からこっぴどく怒られるようになったのです。

このままではまずいと麻雀は封印、夜は早く布団に入るように心がけました。ただ、それでもあまりよく眠れなかったんです。深い眠りには入れなくてすぐに起きてしまったり、目が冴えて眠気が起きないこともしばしば。これは不眠症じゃないかと思うようになったのです。

不眠症であれば病気ですから薬を飲まないと治らないということで、インターネットで簡単に手に入れられる睡眠薬はないか探しました。すると「ドリエル」というものが市販で手に入ることを知りました。すぐに購入して、この睡眠薬を試してみたのです。

この睡眠薬を試してみてから、劇的に寝られるようになりました。途中で起きるようなこともなくて、朝までぐっすり。とてもいい商品に巡り会えました。ただ、この薬は効くことは間違いありませんが、副作用もそれなりにあります。

まず、飲んでから少しして頭痛を伴います。その後、寝てしまって朝を迎えるとしばらくボーッとした状態が続くのです。激しい副作用ではないから続けていますが、人によっては注意が必要かもしれません。


ドリエルは処方箋なしでも誰でも気軽に購入することができる睡眠薬の1つです。

元々風邪薬に入っていた成分の1つで、眠気が伴うために風邪薬からは外されてしまったのですが、これが睡眠に効くとところに注目し睡眠薬になった薬です。

だから、効果も非常に弱いものだと不眠症の私は認識しています。

ドリエルで眠れるけれども副作用が気になるという方は、ぜひ不眠症対策サプリメントを試してもらいたいです。オススメの不眠症対策サプリメント