どんな睡眠薬でも副作用のリスクはある。マイスリーの副作用20代女性の体験

睡眠薬の副作用の体験談の紹介です。今回は25歳女性Kさんの体験です。


私の友人のKさんは、仕事だったり個人的な悩みを抱えていて心身ともに疲れてしまい不眠症になっている時期がありました。25歳の女性ということで、年齢的にも丁度仕事や恋愛等が大切な時期なので、色々なストレスが溜まってしまったのだと思います。

そこでKさんは病院に行き、最近よく耳にするマイスリーを出されたそうです。マイスリーは睡眠や鎮静作用があるということで、不眠症の治療に用いられるお薬です。

マイスリーは安全な薬だと説明を受けた

Kさんは元々お薬が苦手な方で、副作用などのことを考えるとあまりお薬に頼るというのには少し抵抗があったそうです。

医師の説明によると、マイスリーは妊婦さんでも飲むことができるので副作用の可能性が非情に少ないと説明を受けたそうです。

その説明で安心したKさんは早速マイスリーを飲み始め、初めの数日はぐっすりと眠れたそうで喜んでいました。しかし徐々に異変を感じ始め、ある日の朝凄く体調が悪くなったそうです。頭痛や体のダルさを感じたそうですが、その時は風邪程度に思っていたそうです。

しかし、マイスリーを飲んだ次の日の朝になるとこの症状が良く起こるようになり、Kさんはマイスリーが原因なのではと思い始めました。その時私も相談を受けて、私も薬が原因だと思ったので直ぐに病院に行ってみた方が良いとアドバイスをしました。

そこで医師には稀にそういった症状の副作用があるそうですが、徐々に体が慣れると問題ないと言われそのまま飲み続けることを勧められたそうです。しかしKさんはマイスリーを飲むのが怖くなってしまったそうで、それ以来飲むのを辞めました。

今は薬を飲んでいないので、眠れない日がよくあるそうですがマイスリーの副作用に比べたら眠れない方がマシと言っていました。やはりどんなお薬でもリスクが少ないと言っても、副作用は怖いと思いました。


管理人からの一言:これだけ安全だと言われているのに、睡眠薬の副作用があるのは個人の体質によって影響が異なるからなんですね。

本当に副作用が多い薬は発売がされませんし、発売されいても販売中止になります。マイスリーは副作用もなく比較的軽い薬だと言われていますので、その分飲んでいる対象者が多く、だから副作用の話も多いんだと管理人は思っています。

私も今回の体験談と同じでマイスリーで副作用を経験しました。それ以来睡眠薬を飲むことが怖くなり、現在はサプリに切り替えて穏やかな生活を送れています。