美味しい睡眠サポートレシピ~きんちゃくキツネそば~

きんちゃくキツネそばは不眠症向けの栄養素がたくさんあるのに、見た目や食感も楽しいです。
手間を欠けたくないときは、申し少し簡単にすることも出来ます。

きんちゃくキツネそばの作り方

~材料~

そば 1人分、めんつゆ 300ml、小揚 1枚、納豆 1/2パック、大葉 1枚、挽肉 50g、ネギ お好みで、かんぴょう 2本

~作り方~

小揚は半分に切っておきます。かんぴょうはお湯で5分程度熱しておくと柔らかくなります。

挽肉は炒めて冷ましてから、みじん切りにしたネギを混ぜてから半分にした小揚に小さなスプーンで入れましょう。
納豆には付属のたれと大葉を刻んで混ぜてから同じく小揚に詰めておきます。

小揚はかんぴょうで口を結んで巾着のように閉じます。
時間がないときは口を閉じなくても良いです。

オーブントースターか魚焼きグリルでぱりっとするまで焼きます。

そばは、それぞれのゆで時間に合わせて茹でてザルに上げます。
その間にめんつゆで温かいそばつゆを作ってしまいます。

器にそばとめんつゆを盛りつけてから、最後に小揚2つをトッピングします。
よくあるキツネそばとは違ってサクサクした食感になって食べやすいと思います。

材料に含まれる成分の効果

そばではトリプトファンの摂取が出来ますし、ルチンが入っているので血行促進や抗酸化作用が期待できるようです。

小揚と納豆は大豆製品で同じくトリプトファン摂取にも良いですし、マグネシウムが含まれています。

これは大葉のカルシウム吸収を促進するにも良いですね。イライラしたときにもオススメです。

小揚や納豆には神経を休息させるビタミンB1 が少なめですが、ネギの硫化アリルで吸収を促進することも出来るでしょう。

ここでは2種類の小揚をご紹介していますが、女性の方だと少し多いと感じるかも知れません。

始めて作るときは1種類から始めて調整してみましょう。
納豆と大葉の小揚は、付属している辛子を入れても美味しいですが、夕食として食べるときには刺激と感じることもあります。