リラックスレシピ「レンズ豆とひよこ豆のミートソースパスタ」

パスタ系でも不眠症解消レシピになると、献立が増えて食事も楽しくなるでしょう。

レンズ豆とひよこ豆のミートソースパスタの作り方

材料(2人分)

市販のミートソース 1袋、レンズ豆とひよこ豆の缶詰 1缶、パスタ(乾麺) 2人分、塩・オリーブオイル少々

作り方

沸騰したお湯にオリーブオイルと塩を入れてかき混ぜてからパスタを茹でます。ゆで時間はパスタのメーカーによります。茹でている間にミートソースを温めておきましょう。

パスタがゆであがったら少々のオリーブオイルを和えてから、パスタソースとお好みで粉チーズをかけるだけです。☆あまりにも簡単で作り方を説明する必要はなかったかも知れませんね。

ここでは2一分の分量をご紹介していますが、1人分で作ってミートソースは冷蔵庫で保存しても良いでしょう。ただし2日間以内には食べきった方が安心です。

材料に含まれる成分の効果

ミートソースは本格的な方が、トマトのGABA効果があると思いますが、時間がなければ市販のパスタソースで構いません。

パスタからもトリプトファンが摂取できますので、これはセロトニン分泌促進やメラトニンを増やすのにもオススメです。

レンズ豆とひよこ豆も同じくトリプトファン摂取に適しています。また、レンズ豆とひよこ豆は、ビタミン・ミネラルがバランス良く入っていて、特にモリブデンは尿酸の代謝効果が高くなっています。尿酸は細胞が老化して壊れると出来るもので痛風に見られるような痛みを起こすことがあります。

不眠症でも悩んでいて少し痛風傾向がある人には必要な成分ですが、過剰摂取で関節の痛みを悪化させる可能性も持っているので、量を考えて食べた方が良いでしょう。毎日、同じメニューにこだわることがなければ問題ない範囲だと思って下さい。

レンズ豆とひよこ豆には葉酸も多く含まれています。葉酸は妊娠期にオススメされる栄養ですが、貧血の対策や体の倦怠感を改善するのにも向いています。

最後に欠ける粉チーズは、乳製品なのでカルシウムとトリプトファンの摂取にも一役買ってくれるのではないでしょうか?