不眠症対策の食べ物「豚肉」

豚肉は魚の赤身同様にトリプトファンが豊富に含まれています。トリプトファンは体内に取り込んだ時に睡眠ホルモンであるセロトニンとメラトニンの原料になる物質ですが、豚肉はそのトリプトファンの吸収に必要なビタミンB6も含んでいるので、同時に摂る事ができます。

またビタミンB12も多く含まれているので、疲労回復や精神安定の作用もあります。乱れた体内時計を調整してくれるので、不眠症改善のためにも積極的に取り入れてほしい食材です。

豚肉は脂身と赤身では成分が異なります。赤身にはトリプトファン・ビタミンB6、B12。脂身にはアラキドン酸が含まれています。

赤身の安眠に効く成分は前述した通りですが、脂身のアラキドン酸もまた睡眠の質を高めるために重要な役割があるのです。アラキドン酸は、脳の神経構造を構築させる物質です。

不安や恐れや痛みを抑え、穏やかな気持ちをもたらしてくれます。このような働きから、精神疾患の予防や治療にも効果が期待されています。

赤身、脂身共に睡眠に必要な成分が豊富に含まれている豚肉ですが、脂身は苦手だという人は多いようです。特に女性はダイエットを意識して避ける傾向が強いようです。

そういう時は、ハムやソーセージを利用してください。脂身と赤身を割合良く配合しているハムやソーセージは、調理が手軽で、お子様にも喜んで食べてもらえます。