不眠症対策の食べ物「ミツバ」

ミツバは香りを楽しむ香野菜として日本で栽培されています。

あの爽やかな香りは「クリプトテーネン」と「ミツバエン」という精油成分で、香りを嗅ぐだけで精神安定と不眠解消に効果があります。

枕元やベッドの下に置いておくだけで安眠を誘います。手で葉を叩いて香り立つようにしておけば、より効果が期待できるでしょう。これは大人だけでなく赤ちゃんの夜泣きにも効果的です。赤ちゃんの夜泣きで辛いお母さんはぜひ試してみてくださいね。

もともとミツバは香りを楽しむ野菜なので、薬味として主菜に添えられる程度ですが、もちろん多く摂取しても体に害はありません。ビタミン類やカリウムも豊富に含まれているため、疲労回復や血圧の安定、肌トラブルを防ぐ美容のためにも、むしろ積極的に多く食べて欲しい食材です。

汁物の薬味として浮かべたり、おひたしや和え物にしても美味しいミツバですが、単体で食するのは苦手な人は、鍋に入れて他の具材と一緒に食べたり、卵とじにして丼にすると匂いも気にならずに食べる事ができます。
他の催眠作用のある食材と併せて摂り入れる事で、より良質な眠りも期待できますね。

二日酔いで辛い時にも、味噌汁やおかゆに用いれば食欲増進になり荒れた胃の粘膜も修復してくれます。

ミツバは乾燥すると香りが損なわれるので、保存する時は霧吹きなどで水分を与えてから保存袋で密封し、冷蔵庫に入れて置けば多少は長持ちします。