不眠に効果がある栄養成分「トリプトファン」

睡眠との関係

トリプトファンという物質を摂取するとメラトニンという脳内物質に変わります。メラトニンとは「睡眠ホルモン」と呼ばれ、睡眠にとても密接した関係があるのです。アメリカではこのメラトニンという成分のサプリが、不眠症対策としてよく利用されています。

効果・効能

トリプトファンがメラトニンに変わる過程で、まずセロトニンという物質に変わります。セロトニンには精神の安定を促す作用があり、イライラや不安を鎮め、心身を安眠できる状態に整えてくれます。そうして私達の体内リズムに基づいて、いつもの眠りにつく時間になるとメラトニンが多く分泌され、睡眠に至る事ができるのです。

摂取できる食品

トリプトファンは必須アミノ酸のひとつで、食品のタンパク質に多く含まれています。トリプトファンは体内では生成されないため、食品から摂取しなければなりません。

トリプトファンを多く含む食材は、牛乳や乳製品、大豆や豆類、卵、バナナ、ゴマ、ハチミツなどがありますが、メラトニンを生成する前段階であるセロトニンに変化させるためにはこれらの食材だけでは足りません。ビタミンB6を豊富に含む食材も併せて摂る必要があります。

ビタミンB6を多く含む食材は、マグロ・カツオ・ハマチといった魚介類。肉類では鶏・牛・豚(脂を除いた部分)、レバーです。トリプトファンとビタミンB6を併せて摂れるメニューとしては、ハンバーグがお勧めです。

具材として使用される牛豚の合挽肉に、つなぎで使用する牛乳と卵。ハンバーグの上にチーズをのせると子供も好んで食べる1品になりますね。

副作用

不眠やうつ病などがテレビや雑誌で取り上げられるようになると、それらを改善させるセロトニン、そしてその原料であるトリプトファンが注目されるようになってきました。手軽に摂取できるものとしてサプリメントも多く出回っています。
サプリメントは商品によって1錠に含まれる含有量は様々ですが、既定の量を守って飲んでいれば効果が高く優れています。

しかし、効果を期待するあまり既定の量より多く飲んでしまうと、思わぬ副作用が現れる事があります。

悪心、頭痛、胃痛、痙攣、筋肉痛、まれに肝炎や肝硬変などの重篤な副作用を起こす事がありますので、決められた用量を守るようにしてください。そして飲み合わせによる副作用もあるので、他に飲んでいる薬があれば必ず医師に相談しましょう。