アルコール依存症に繋がる不眠症の放置は注意が必要です

不眠症で悩んでいる人の中には寝酒を利用している人もいると思います。

適切な改善方法が取れないとアルコール依存症のリスクも潜んでいますので注意しましょう。

不眠症からアルコール依存症

不眠症ではお酒の力を借りて寝ようとする人もいるのではないでしょうか?

習慣化することでお酒に対して依存するようになることもあります。
不眠症治療を受けている患者さんの中には、アルコール依存症も併発して治療が難しくなっているケースもあります。

始めはお酒を飲むことで寝付ける感じがあるでしょうが、実際には良い睡眠には繋がらないことが医学的にもわかってきています。

もし、お酒の力だけで不眠症を治そうと考えている人がいれば、今後、アルコール依存症のリスクがあることを踏まえて他の改善方法に切り替えましょう。

アルコール量は性別によりますが、一生の中で一定量を超えると脳にも問題が生じるリスクを抱えていますので、過剰に飲むことはオススメできません。

アルコール依存症から更に不眠症へ

もし、眠れないからとお酒を飲み続けアルコール依存症になったとしましょう。

アルコール依存症の症状の1つにも不眠症があげられています。

アルコールの影響でノンレム睡眠とレム睡眠のバランスが乱れていくので、「寝た気がしない」「熟睡感が全くない」と感じる人が増えるそうです。

かなりの量のお酒を飲み続けた人は、急にお酒を止めてもすぐに不眠症の改善ができないことが多いです。

そうすると「やっぱりお酒を飲んで解決しよう」と考えてしまうのでアルコール依存症を治療することも難しくなってしまうでしょう。

この様な悪循環に陥らないためにも、不眠症はお酒を飲む以外の解消方法を利用することにして下さい。

また、睡眠薬とお酒を同時に使用してはいけないことになっています。

不眠症の治療で睡眠薬を飲むことになったときアルコール依存症も併発していると、治療は大変ですし時間がかかることになりますよ。

内臓への負担も出てしまうことから十分に注意して下さい。