不眠症から更年期障害になるケースもあるので、気をつけて下さい。

女性だけでなく最近では男性にもあるといわれる更年期障害ですが、不眠症の治療が遅れると更年期障害が起こると言う話もあります。

年齢を重ねると出てくる症状ではありますが、ひどくならないようにする工夫もありますよ。

更年期障害との関わりって?

女性に起こる更年期障害は、女性ホルモンの分泌が減少したりバランスを崩すことで体調不良を起こします。

更年期障害は一般的に45~55才ころに起こるといわれていますが、それよりも早い年齢で起こるとプレ更年期障害と呼ばれます。

実はプレ更年期障害はストレスが原因で女性ホルモンの分泌に問題が起こるもので、女性ホルモンの問題から起こる更年期障害とは違う側面を持っています。

脳の中で女性ホルモンを管理する部分と自律神経を管理する部分は隣り合わせになっているため、お互いに何らかの作用をすることから、この様なことが起こるといわれます。

眠れないままだとストレスを強く感じてしまうことから自律神経にも影響する恐れがあります。
そしてそこから女性ホルモンを管理する脳の部分へと影響することも考えられるということです。

緩和する方法を考えてみよう!

不眠症から更年期障害を招くリスクを減らすには、元々の原因であるストレス解消から不眠症を解決した方が良いでしょう。

簡単にストレスがなくなることはありませんので、発散をどうするのかを考えて下さい。

様々なストレス解消方法がある中で、ご自分が一番快適なものを見つけるためにまず試してみるのが先決ですね。
そうすることで更に1段階悪化した早めの更年期障害を防ぐことも期待できます。

年齢を重ねるといずれは更年期障害が訪れますが、あらかじめ緩和方法や対応方法を知っているだけでも不安感が取り除かれます。

また、更年期障害になったときにも体の不調を感じてストレスになることがあります。

結果として不眠症になることもあるので、その対策も今から考えておきましょう。

アロマやハーブティのように女性の心を豊かにするものには眠りを誘う効果が期待できるものもあります。