悩んでいたアトピー性皮膚炎が悪化する?

アトピー性皮膚炎の方はかゆみが原因で眠れないこともあると思いますが、そのまま不眠症になってもアトピー性皮膚炎は悪化するといわれています。

我慢しなくても良いように、それぞれの対処方法を合わせて考えてみましょう。

アトピーが痒くて眠れない

アトピー性皮膚炎はかゆみが治まったり悪化したりを繰り返してつらい状態だと思います。

夜も痒いままだと落ち着いて眠ることも出来ないと思います。

最優先するのはアトピー性皮膚炎の治療ですが、もし少しでも眠れないなと思ったらかかりつけ医に相談して早めに対処しましょう。

ストレスや眠れないことはアトピー性皮膚炎にも関わりのある問題です。

アトピー性皮膚炎の方は、同じ悩みを持って不眠の城田になっているケースが多いので、医師も対処方法を良く理解しています。

セルフケアで改善するのも良いですし、専門家の意見を聞いた対処方法も併せて実践した方が安心できるでしょう。

ストレスは良くありませんので、サポートを受けながら適度に解消して下さい。心の安らぐ状態がアトピー性皮膚炎や不眠症の改善には一番大切なのではないでしょうか?

眠れないからアトピーが悪化する

寝ている間には成長ホルモンや副腎ホルモンが分泌されています。
美肌のためのゴールデンタイムともいわれていて肌のダメージを修復するにも大切な時間です。

そう考えると眠れなくなることで皮膚のコンディションは悪くなってしまうため、不眠症からアトピー性皮膚炎が悪化する恐れもあります。

また、「痒い→眠れない→ストレスがたまる→更に痒い」と悪循環が起こることもあります。

ストレスはアトピー性皮膚炎にも不眠症にも悪い影響を及ぼしてしまいますので、できるだけ緩和しながら生活するのがオススメです。

寝る前に肌を温めて保湿系クリームを塗るとか、リラックスの時間を持つようにした方が良いと思います。
乾燥を防ぐために加湿器で寝室を適度な状態に保つ工夫も必要でしょう。