季節性不眠は慢性の不眠症とは違う

太陽の動きで日照時間なども変わるため季節によっては眠れなくなる人がいます。

その不眠と慢性のタイプでは何が違っているのかを理解して、しっかり対処できるようにしておきましょう。

季節性の不眠とは?

季節によって日照時間や気温、湿度など生活環境の条件が変化しています。

そのため「いつも快眠」という訳にはいきません。
また、「この季節は眠れないな」と敏感な人もいるのではないでしょうか?

体温は気温とともに変動するので眠りが影響を受けるのは仕方がないのかもしれません。

特に季節が変わる時期には、毎日の気象条件がコロコロ変わるので体を切り替えるのにも時間がかかってしまうでしょう。

寝るときにコンディションを整えようと思ったら、1年中同じ温度のお風呂に入る習慣があれば改善しやすくなります。

この季節性の不眠でも対策を取らないままで不眠症になることがありますので注意したいですね。

慢性の不眠症とは?

季節性の不眠であれば一過性と考えて、その時期をやり過ごすだけで十分でしょう。

ただ、慢性の不眠症になるとかなり状況が変わります。
過ごしやすい季節になっても眠れない状態が続き、疲労が取れないですし精神的にも疲れてしまうでしょう。

不眠症を解消・治療しないままでは、他の病気になるリスクが高くなることもありますし、生活の質の低下が大きくなってしまいます。

どちらの不眠(症)に該当するのか考えてみた方が良いでしょう。

季節性の不眠と慢性の不眠症の見分けですが、一般的には8週間を越えるかどうかでの判断をしているようです。

8週間以内に改善が見られるなら季節性の不眠と考えて良いでしょうし、8週間を越えて眠れない状態が続くなら慢性の不眠症と思って対策を考えましょう。

セルフケアでできる方法もたくさんありますので、いきなり通院して睡眠薬を飲まなくてはいけないということではありません。中には睡眠薬に強い抵抗感を持っている人がいると思います。

体に負担のないように不眠症を改善できますので、あまり不安にならないようにして下さい。