リストラで不眠症に。改善しなくて再就職もできない・・・

自分が悪い訳ではないのにリストラなどの問題が起こると、精神的なダメージはとても大きなものになってしまいます。
この様な理由で不眠症になる方も多いのではないでしょうか?

リストラから不眠になり仕事も探せない

社会人になって5年目でリストラされた27才の男性は、解雇されたという精神的なストレスからも夜に眠れなくなってしまいました。

実家暮らしではないのであまり仕事に関して親に文句を言われることはありませんが、経済的に援助が受けられる訳ではありません。

独身ですし結婚願望はありますので、早く再就職して生活を安定させたいと考えていますが。
一方で不眠症のままで新しい仕事に適応できるのかとても不安な気持ちになっています。

環境が変わると気分も変わって、心機一転スタートできそうですが、その分心身共にストレスがたまれば眠れなくなりそうだと悪い発想しか出来ない状態です。

このケースでの改善方法

リストラに遭ってしまい現在は仕事をしていないので、この機会に不眠症を改善してしまいましょう。
簡単に治るものではありませんが時間をかけて治さないと今後も仕事がツラくなってしまうからです。

両親に経済的な援助は求められないと思いますが、思い切って実家で休養することも考えてはいかがでしょうか?

「早く次の仕事を見つけないと」という焦りがあるでしょうから、それもストレスになって眠れない状態が出来ていると思って良いでしょう。

どんどん悪い発想が連鎖していくことで不眠症が悪化することが予想できるので、今は休む時期だと割り切ることも大切です。
長引けば長引くほど不眠症の改善が難しくなりますし、それだけ新しい仕事に適応することができなくなることもあります。

両親に不眠症を理解してもらおうと思っても目に見えてわかることではないので説得は大変です。
それでも心の安らぐ環境を作らないと不眠症改善が難しいので、何か1つでも安心できる材料を見つけましょう。

焦っても不眠症を治すことはできません。今は休養の時期なのかもしれませんよ。