眠れない悩み「会議の前日は緊張でお腹が痛くなって眠れない」

人は気持ちの安らぎを感じられないと、精神的な負担が大きくなり眠れなくなりやすいです。

不眠の悩み「会議の前日にお腹が痛くて」

46才の男性は、妻と3人の娘と生活しています。サラリーマンとして長く働いていますが、40歳の妻は上昇志向が強く夫の出世を強く望んでいます。これからまだ娘たちの進学もあるので出世で給料が上がると楽になるのは納得できるところでしょう。

会社の会議は妻には関係のないことですが、「会議で発言して結果が出させば出世をする」という妻の思い込みもあって家にいてもプレッシャーを感じてしまう状態です。

翌日に会議があることは妻にも話さないのに社宅という環境もあるのか、どこからか情報を手に入れてきてしまいます。

決して低い給与ではないのですが、職場でも家庭でも安らぐことが少なくなっています。朝から追い詰められることを考えると、会議の前日にはお腹が痛くて眠れなくなってしまうのが習慣になりつつあります。

このケースでの改善方法

出世で給料が上がるという思い込みで追い詰められるのは苦痛だと思います。かといって家を出るとか離婚をすることはできません。会社の事情がわからないようにしようと思っても社宅に住んでいると難しいことでしょう。

もし環境をかえることで今の状態から抜け出すなら、社宅以外で賃貸の住宅を検討するなどの方法があるでしょう。根本的に解決したいなら、一度妻と話し合うことが必要になると思います。

仕事では気が休まることがないのは誰でも同じことですが、家庭で安らげず眠れない状態には、どんなデメリットがあるのか冷静に話すことになるでしょう。
会議の前日にお腹が痛くなるのは気持ちが弱いのではなく、それだけ精神的に追い詰められた状態だと考えることが出来ます。それが続くようなら会議で素晴らしい発言は出来ないでしょうし、仕事のパフォーマンス低下に繋がります。

満足に仕事が出来なければ妻が望むような出世はできないと簡単に予測できるようになります。

家庭での安らぎがなければ仕事はうまくいかないことを時間をかけて丁寧に説明しましょう。会議の前日だけでなく不眠症として慢性化すると、状況によっては仕事を続けることも難しくなります。