夜勤の仕事で家族と時間が合わず小さな物音でも眠れず不眠になってしまった

シフトで違う時間帯の仕事をしていると不眠症になりやすくなります。同居家族がいると影響を受けてしまうでしょう。

夜勤シフトで眠れない

25歳の男性は、パソコン関係の仕事をしていて夜勤がメインの勤務時間です。まだ独身で、両親と2歳下の妹と同居していますが、家族は一般的な生活スタイルのため、彼が帰宅して寝る頃には日常生活をしています。彼は19:00~7:00が勤務時間で途中で仮眠などの休憩時間はあるものの中途半端で体を休めた気分にはなれません。

8:00には帰宅をして寝ようと思っても、洗濯機や掃除機の音、テレビ、そして外が明るいのも気になって寝付けないのです。

家族も気を遣ってくれますが、ほんの少しの音でも目が覚めて、精神的な余裕がなくなってきてしまいました。仕事は夜勤を条件にしているので、この点での変更は難しく、家の中で何かを変更するしかないと悩んでいます。

このケースでの改善方法

家族と生活の時間帯が違うと、お互いに気を遣っていても眠れないなどの問題が出てしまいます。最もスッキリする改善方法としては、一人暮らしで人の時間に左右されないか、思い切って防音の壁などにリフォームすることです。しかし、そんなことでお金をかけるのも、と躊躇する方が大多数でしょう。

そこで防音カーテン(遮光を兼ねる)から使い始めてみましょう。ドアにも防音カーテンを取り付けることで、ある程度の音は緩和できるでしょう。それでも気になるなら耳栓も併用することで音はシャットアウトして眠れる状態が作れます

外の光も遮光カーテンの機能を兼ねている防音カーテンがあれば、驚くほど光が入ってこなくなります。さらに真っ暗にしたいならアイマスクをつけて眠ると光が気にならない他に、眼精疲労のある目を温めて楽にしてくれる効果も期待できます。

環境を変えられると良いのですが、思い切った方法をすぐに使えるとは限らないので、今の環境でできる改善を考えた方がオススメです。

私自自身も25歳の時に、夜勤の仕事で工場勤務をしていた時は、朝の6時に寝て昼の13時に起きるという生活リズムで、日中は光や音が気になって熟睡できない経験がありました。日中眠るには、光と音を遮断すると同時に、不眠症対策のサプリを使用すると効果が出やすいと思います。