20代なのに夜間頻尿で眠れず不眠症気味に・・・

年齢に関わらず体のコンディションから睡眠が妨げられることもあります。

20代の若さで夜間頻尿?そして眠れない

24歳の男性はアルバイトをしていたのですが、勤務態度も真面目で評判が良いため正社員に向けての研修期間中です。接客業で人と接するのは大変ですがやりがいもあって、正規雇用への評価を受けたこともあり頑張っています。

多少はストレスが溜まるので仕事が終わってから仲間音のみに行くことで解消していましたが、正社員の話が持ち上がってからプレッシャーもあるのか眠りにくく感じる様になりました。お酒を飲むと寝入りやすいことから酒量が少しずつ増えていって、それに伴い頻繁にトイレに行くようになってしまったのです。

全く眠れないわけではないのですが、途中で何度もトイレに起きる事から体の疲れが溜まってきています。日中も頭がボーっとすることもあり、仕事に支障が出つつあります。

このケースでの改善方法

プレッシャーから眠れなくなるのは、交感神経が活発になるので良く起こる現象です。

適度なプレッシャーなら仕事を円滑にしますが、過度のプレッシャーは良くありませんね。そこからくるストレス解消にお酒を選んだのは不眠症解消にありがちな間違った考え方です。

お酒は眠気を催すことがあるので寝酒に利用する人が多いのですが、後になってから体を極端に冷やすため寝ていてもトイレに行きたくなってしまいます。体で分解されたアルコールを排出するのに尿意を感じやすいですね。

中年以降の男性は前立腺のトラブルから頻尿になる事はありますが、20代男性でストレスとお酒の問題があるなら、その改善をするのがオススメです。

飲酒が習慣化すると質の良い睡眠が取りにくいので、今後、正社員として働く妨げになる可能性があります。ストレス発散は自分に合った別の方法にすることも同時に検討しましょう。

全く眠れないと言う事ではありませんので、本格的な不眠症になってしまう前に方法を変更して対処した方が良いです。