会社に遅刻した経験から不安で眠れなくなってしまった・・・

ある出来ごとがキッカケになって不安を感じて眠れなくなることもあります。

二度と失敗できないことがプレッシャーに

会社に遅刻をした経験がある29歳の男性会社員は、その結果として商談がまとまらなくなり会社に損害を出してしまいました。社会人として遅刻はあり得ないと言われたことや、その失敗を挽回するための営業ノルマを課せられたことが重くのしかかっています。

解雇にならなかっただけ良いのですが、「二度と失敗できない」という気持ちが強くなったことから、グッスリ眠られないようになったのです。全く眠れない訳ではなく業務もこなしていたのですが、そんな状態も長く続かずに体調を崩してしまいました。正社員なので1ヶ月の休職期間を与えられましたが、改善方法がないままで復職までの残り期間が3週間となっています。

以前の遅刻でのトラブルも考えると休職期間延長は難しいので、改善出来ない場合は退職という結果にもなりそうな立場におかれています。

このケースでの改善方法

遅刻から会社での信頼関係を損ねてしまったのは大きな事ですが、その結果、眠れなくなり体調まで崩してしまいました。

起きる事に関しては、目覚まし時計など自力の手段だけではなく、知人や業者のモーニングコールを利用するなど他の手段を使った方が、悩むことなく安眠できたかも知れません。

しかし、すでに不眠症になってしまいました。休職期間も残り3週間しかありませんので、セルフケアで早期の改善は難しいでしょう。予定通りに復職するのか、体を優先して退職も仕方がないと考えるかでとれる手段は変わります。

どうしても会社に復帰すると決めたなら、心療内科で投薬治療を受けることで不眠症を改善することが出来るでしょう。また、体を優先して不眠症を治そうと決めるなら、仕事を離れることで一度ストレスをなくして、眠れない要素を取り除くことが出来ます。復職までのリミットもなくなるため、時間をかけて不眠症改善に取り組めます。

今の世の中で仕事から離れるのはとても不安なことですが、自分の体に換えがないことを理解した上で、不眠症改善の方法を選ぶようにしてください。

もし、薬に対して不安感や抵抗があるのであれば不眠症対策のサプリメントがオススメです。