アロマオイルは夜と朝の使い分けでより効果的に不眠症を改善できます

アロマ精油は、様々な効果を持っていますので夜の入眠前や朝のモチベーションアップにも使い分けが出来ます。逆に使うと不眠症が悪化したり、朝からやる気がなくなるということもありますので注意して使いましょう。

夜にオススメのアロマ精油

・ラベンダー・・・芳香浴で香りを楽しめます。リラックス効果が高いのでアロマバスとしてバスタブに5滴垂らすだけでも便利に使える特徴を持っています。比較的安価に手に入るため愛用者も多いです。

・ベンゾイン・・・バニラ系の香りがストレスを和らげてくれます。幸福感があるので、これから寝ようと言うときにもリラックス度が高まります。値段は少し高いので、スペシャルケアの必要なときに使いましょう。

・サンダルウッド・・・白檀とも呼ばれてお香でも有名ですね。エキゾチックな香りで不安感を取り除いてくれます。瞑想の時にもオススメで気分を切り替えるのに最適です。値段は少し高いですが効果を考えると便利なアロマ精油です。

朝にオススメのアロマ精油

・ローズマリー・・・クセがなくスッキリとした香りでリフレッシュ効果があります。これから仕事だと気分を切り替えるときに集中力ややる気を呼び起こすことも出来ます。値段は安いので使いやすいです。

・ゆず/ライム・・・柑橘系の香りは朝の落ち込んだ気分を軽くしてくれます。落ち込んで食欲がないときに食欲増進効果も期待できます。光に当たると肌にダメージが出る光毒性を持っているため肌につける事は避けましょう。柑橘系は購入しやすい値段になっています。

・ベルガモット・・・アールグレイの様な香りがします。リラックスもリフレッシュも出来るアロマ精油で、スッキリ目を覚ましたいときにオススメです。このアロマ精油も安価に購入できます。

朝と夜にオススメなアロマ精油を6種類だけピックアップしました。夜はお風呂に入れるとか、手湯をするときに洗面器に入れても効果が高いです。

朝は、マグカップに入れたお湯の中にアロマ精油を1~2滴落としてテーブルに置いてだけで構いません。時間があれば最初の5分だけ近くで香りを嗅ぐ様にして下さい。使い分けで不眠症を改善しながら朝のつらさもかなり楽になりますよ。