冷え性で眠れないあなたへオススメのアロマ精油

冷え性が原因で眠れない人もいると思います。冬が終わればと思っていても、夏にはエアコンで体が冷えて1年中、辛いのではないでしょうか。そこでアロマバスを利用して眠れるコンディションにしてみませんか?

オススメの精油なら!

アロマ精油の中にも血行を促進してくれるタイプがありますので、冷え性の緩和も期待できます。体を温めてくれるアロマ精油をいくつかご紹介します。

ユズ・・・日本ではユズ風呂で体を温める習慣があります。発汗作用にも期待できます。

オレンジスイート・・・穏やかな香りで始めて使用する人にも安心です。発汗作用があって血行促進から冷えに効果的でしょう。

ジンジャー・・・生姜湯も冬の飲み物として定番です。ジンジャーのアロマ精油は温める効果が高いですね。

シナモンリーフ・・・シナモンとしても温める作用が期待できますがアロマバスにもオススメです。香りは少し強めでしょう。

他にも種類があって効果的な使い方が出来ます。1種類でも良いですが、ブレンドすることで、使い方が広がります。中には苦手な香りがあると思いますので、必ず先に香りを確かめてから選ぶようにして下さい。

オススメのブレンドも!

今まではアロマのブレンドも2種類でご紹介していましたが、今回は3種類で楽しむアロマバスにしてみましょう。

一例としてジンジャー2滴+ユズ2滴+オレンジ・スイート2滴と、3種類それぞれを2滴ずつブレンドしてみてはいかがでしょうか?

もし、始めに香りを確かめて「強いかな?」と思う精油があれば、その精油だけ1滴にするなど調整もしやすいですね。バスタブの大きさによっては香りが弱めに感じるかも知れませんが、始めから精油の量を多くするのはオススメ出来ません。

適度な香りでリラックスするのと体を温めるには、一定時間、お湯に浸かっている必要があるので強い香りにしないほうが無難です。冷え性対策のお湯の温度は、あまり高くはありませんが、香りが強く温熱効果も高いと湯あたりのような状態になることもあるからです。