アロマバスにも使えるブレンドをマスターして、不眠症を和らげよう

不眠症の解消に使えるアロマは数種類ありますが、単体の精油として使用するよりブレンドした方が効果を上げる事が出来ます。ここではアロマバスにオススメのブレンドを2種類ご紹介します。

①サンダルウッド+ラベンダー+ネロリ

サンダルウッドは白檀の香りとしても知られています。緊張を沈める効果を持っていて、静かな気持ちを呼び起こしてくれます。また、ラベンダーはリラックスの香りの代表格です。オールマイティな精油で、香りにキツさがないのも特徴です。緊張を解き不安感を軽減します

ネロリはオレンジ・ビターの花から抽出していて、懐かしいと感じる香りです。幸福感を強くする効果があります。

この3種類の配分は、サンダルウッド1滴+ラベンダー3滴+ネロリ1滴がベストなブレンドです。お好みによって変更しても構いませんが、合計して5滴を超えない様に調整して下さい。多すぎるアロマ精油は、稀に肌荒れの原因になったり、香りが強すぎて気分が悪くなる方もいますので注意が必要です。

②ヒノキ+クロモジ

ヒノキとクロモジは和要素のアロマオイルとして人気が高いです。まず、ヒノキには森林浴の様なリラックス効果がありますし、檜風呂に入っている様な豪華な気分にしてくれます。血行促進効果もあるので、体をほぐすのにもオススメの効果があります。

またクロモジというのは、和菓子を食べるときについてくる楊枝にも使われている素材で、少し甘い香りがします。鎮静作用があり、森林浴効果もあるのでリラックス気分を高めてくれます。クロモジの精油にも血行促進作用がありますし、筋肉痛や神経痛も緩和してくれます。

この2種類の配分は、ヒノキ3滴+クロモジ2滴です。配分は変更しても構いませんが、この場合でも5滴を超えない範囲で調整しましょう。

アロマ精油は希釈して使うもので、そのまま肌につける事はありません。バスタブに入れて、そのままでも構いませんが、上がったときにシャワーで流しておくとオイル残りが気にならなくなります。