シンプルに芳香浴で不眠症に効果を出す簡単お手軽ブレンド

芳香浴はアロマオイルではスタンダードな利用方法です。アロマヒーターやアロマデフューザーを使うと初心者の方も簡単ですが、ツールの購入をせず試してみたいなら、マグカップにアロマ精油とお湯を入れるだけでも充分です。

芳香浴で不眠症に効果のあるブレンドをご紹介していきましょう。

①カモミール+クラリセージ

カモミールは2種類ありますので、その違いを知っていると使い分けがしやすくなります。カモミール・ジャーマンは鎮静作用を持っていて、マイナスに傾いている気持ちを楽にしてくれますし、カモミール・ローマンは中枢神経を鎮静する作用が高く、少し間隔を麻痺させることでショックを和らげます。軽いストレスならカモミール・ジャーマン、強いストレスならカモミール・ローマンと使い分けるのがベストでしょう。

そして、クラリセージはナッツの様な甘い香りがするので、好んで使う方が多いです。鎮静作用と精神的な高揚感を出す効果を持っていて、落ち込みが激しいときにも心を穏やかにしてくれます。

血圧を抑える効果もあるので、ストレスから動悸が起こっているときにも良いでしょう。注意点としては、妊娠している方は通経作用が悪影響になる可能性もあり、使用は控えて下さい。

配合はカモミール3滴+クラリセージ2滴です。ご自分で調整しても構いませんが、この時も5滴以上にならない様にして下さい。

②イランイラン+ラベンダー+プチグレイン

イランイランには気分のリラックス効果や幸福感を出す効果があります。緊張感が強いときにもリラックス出来るので、プラスの気持ちに転換できます。

ラベンダーは先に説明した通りで、リラックスには最適のアロマ精油です。

プチグレインは、柑橘系の爽やかな香りとフローラルな甘い香りを持ち合わせています。不安感が強いときにも克服しやすい前向きな気持ちになり、中枢神経を抑える作用を持っています。安眠効果の高さは、ラベンダーと並ぶレベルです。

配合はイランイラン2滴+ラベンダー2滴+プチグレイン1滴の計5滴です。この上限量を超えなければ、好みで調整しても構いませんので一番好きなブレンドを見つける事が出来ます。

芳香浴では熱することで部屋全体に香りを充満させます。あまり強い香りでは気分が悪くなっても部屋の空気を入れ換えるのが大変ですから、少量での調整をしてから始めましょう。

またツールを使用する場合は、加熱による火事には充分に気をつけて使って下さい。アロマデフューザーは、加湿器の様な見た目ですが香りを出すのであって加湿機能は高くありません。室内の湿度を気にせずに使えますので、購入するときは店頭でセラピストに確認しておくと安心ですよ。