アロマ精油の選び方を理解して不眠解消の効果をアップする

アロマで不眠症を解消するときにも、どの精油を使用するのかは大切な事です。まず、アロマ精油の正しい選び方を知るところから始めて、不眠症への効果をアップしてみましょう。

アロマの名称で選び方が分かる

アロマ精油、アロマオイルと名称が様々なのは、それに対して基準が設けられているからです。「アロマ精油」となっていれば100%天然の成分となっていなくてはいけませんし、わずかでも合成の香料が含まれているとアロマ精油とは表示できず「アロマオイル」として販売しています。

効果や効能の表示に関しては薬事法で規制がありますが、アロマ自体が日本では「確たる証拠のあるもの」とは認められていないので難しいところです。

値段でも見分けがつけられて、大変言いにくいですが100円ショップで販売しているアロマオイルに、アロマ精油の様な効果を期待することは出来ないでしょう。使ってみたことがありますが、人工的な香りで気分が悪くなるものもあり、個人差があるとは言ってもあまりオススメ出来るものではありませんでした。

認定機関が品質を認めているのかで判断

日本ではアロマ精油は、医薬品として認められている訳でもなく、厚生労働省が検査して基準を設けているわけではなさそうです。ただ、アロマに関する教会や学会は日本にもありますので、出来れば関連機関の認定を受けている精油を選びましょう。

精油を研究機関で分析して、その配合成分をチェックしている機関もあり、これは安全性の確認をするのに有効な手段だと思います。また、海外のアロマ精油でも、オーガニック認定を受けているかどうかで精油が確かなものかの目安に出来ます。

何年間も無農薬の土で育ったとか、肥料は有機肥料しか使っていない、その肥料にも安全性があるなど基準をクリアしないと認定が受けられなくなっています。日本にも海外のオーガニック認定基準を導入している機関があり、基準クリアをしていると「有機JAS」マークがつけられています。心身共に効果を発揮するアロマ精油なので、使用するなら体に害のないものを選んだ方が良いでしょう。